製造業に特化したMAツールの採用が創業2年で100社突破

機能強化を行い、効果を体感できる「トライアルキャンペーン」も実施

株式会社マーケライズは、製造業B to B企業向けに設計したマーケティングオートメーション(MA)ツール、MRC(マーケライズクラウド)が、創業2年で採用数100社を突破したことを発表しました。また、機能追加最新版の「100社突破記念・トライアルキャンペーン」を実施します。
製造業向けのマーケティング支援やツール企画・開発・販売を行う株式会社マーケライズ(本社・東京、代表取締役社長 中野晴元)は、製造業B to B企業向けに設計したマーケティングオートメーション(MA)ツール、MRC(マーケライズクラウド)が、創業2年で採用数100社を突破したことを発表しました。

日本でもマーケティングの各プロセスを自動化するマーケティングオートメーションという言葉やツールが注目を浴びるようになってきました。2014年に設立した当社は、見込み客の属性・行動履歴に合わせて、最適なコンテンツを最適なタイミングで提供し、案件発生確度の高い見込み客を抽出して営業フェーズに渡していくMAツール、「MRC(マーケライズクラウド)」を開発・販売しています。海外製MAツールが多い中、純国産で、しかも製造業BtoB企業向けに特化した類似品のないMAツールであり、(1) 有望見込み客を発掘できる複数の仕組みを搭載、(2) 製造業向けに設計された顧客登録項目など運用のしやすさと簡単な操作性、(3) 製造業界に精通したスタッフによるアドバイスやサポート、といった特長が受け入れられて、創業わずか2年で採用企業100社を超えたものです。

また、当社はこのほど、メール配信結果レポート機能の追加や対応言語の追加(中国語・繁体)行い、この機能追加最新版の「100社突破記念・トライアルキャンペーン」を本日より実施します。「MRC-Mail/Basic」通常価格10 万円(初期費用)+60 万円(年間契約費用)のところ、初期費用を4万円、年間契約を3、5、7カ月で試すことができ、3カ月コースの場合、19万円でマーケティング成果の見える化を体感することが可能です(キャンペーンは計15社限定)。

本キャンペーンは、MAツールを試してみたい、展示会やWeb広告などの施策の費用対効果を明確に出すにはどうしたらいいか、自社Webサイトからの引き合いを増やしたい、年々増えていく手持ちの名刺リストを有効活用したい、といった悩みや要望をお持ちの製造業B to B企業の経営者、営業・販促担当者を対象に実施します。キャンペーンの詳細および申込受付は、https://www.markerise.com/lp/1611/で行います。

創業3年目を迎えた当社は、マーケティング・営業の改善を求める企業に対し、MRCのより一層の販促活動を推進し、今後1年で200社、2年で400社の採用を目指します。

【MRC(マーケライズクラウド)の概要】
数多くのリストを保有しながら営業コンタクトが途絶えている見込み客に対し、商品購入(サービス導入)の検討段階で、見込み客の方から手を挙げてもらい営業アプローチのきっかけをつくる、ホームページにアクセスがあった見込み客を分析し、検討段階にある確度の高い有望見込み客を自動抽出することで、効率よく営業活動につなげる、の仕組み化を実現したクラウドサービスがMRC(Markerise Cloud)です。

顧客管理(データベース)、メール配信、Webフォーム、Webトラッキング、スコアリング、コンタクトといった機能を搭載したMRCは月額3万円から利用でき、製造業BtoB企業が即運用できるサービスです。


■会社概要
社 名 : 株式会社マーケライズ (Markerise, Inc.)
代表者 : 代表取締役社長 中野 晴元 / 代表取締役 野口 雅徳
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿 SOUTH 6F
事業概要 : マーケティングオートメーションツールの企画・開発・販売・導入、マーケティングに関わるコンサルティングおよびサービス
URL: https://www.markerise.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マーケライズ
  4. >
  5. 製造業に特化したMAツールの採用が創業2年で100社突破