【MUHI】イクメン熱の高まりで、手の荒れ(ひび・あかぎれ)に悩む男性が急増中!

main image
「冬にも、MUHI」を推進している株式会社池田模範堂(本社:富山県中新川郡上市町/代表取締役社長:池田嘉津弘)とNPO法人イクメンクラブ(住所:東京都中野区/代表:長谷川潤)では、20代~40代の育児に積極的な男性(イクメン)と独身男性、それぞれ300名、計600名に、男性の肌の手入れや悩みに関する関心などについて意識調査を実施しました。

調査の結果、イクメンの約3割が“ひび”や“あかぎれ”などの「手の荒れ」に悩んでいることが明らかになりました。イクメンの8割以上は、冬の肌の状態や肌トラブルの要因として、「室内の乾燥」や「外出時の空気」、「気温の低下」などが影響していると考えていました。

またイクメンの中でも、特に20代など若いイクメンほど、「お風呂掃除」や「食事の後片付け」など水仕事に抵抗がなく、育児に加えほぼ毎日(30分以上)家事をしているイクメンが半数を超え、毎日の水仕事や育児により、冬の季節は手荒れがひどくなるため、約半数が手荒れを気にすると回答しています。

家事・育児に積極的なイクメンは、妻の“勤労”に感謝すると回答した人が約9割を占め、勤労感謝の日には、3人に1人のイクメンが「一人で自由に使える時間を提供」してあげたい(35%)と思っているという肌寒いシーズンに心温まる結果となりました。

NPO法人イクメンクラブ代表の長谷川潤は、「イクメンは、子育てだけではなく、家事や地域活動にも積極的です。男女の役割意識が変化していくなかで、特に若いパパたちは、水仕事を当たり前のようにこなしているはず。手荒れは、イクメンの勲章といってもいいのではないでしょうか。しっかりケアするのも、時代の必然の流れなのかもしれません」と語っています。


<調査結果の概要>
○イクメンの33.3%が手の荒れ(ひび・あかぎれ)に悩んでいる!
・・・特に20代では39%、子どもの年齢3歳以下では39.8%
○冬の肌の状態や肌トラブルの要因として、
「室内の乾燥」、「外出時の空気」、「気温の低下」を気にするイクメンは8割以上
○20代イクメンほど、水仕事に抵抗なし
・・・水仕事に対する積極度はお風呂掃除76%、食事後片付け69%、食事の支度63%
○ほぼ毎日(30分以上)、育児をしているイクメン66%、家事をしているイクメン47.3%
○20代イクメンほど、育児にも積極的!
・・・育児に対する積極度 お風呂96%、食事92%、オムツ換え87%
○水仕事・育児で手荒れを気にするイクメン45.7%
○イクメン 妻の“勤労”に感謝する88.3%に
勤労感謝の日には妻に「一人で自由に使える時間を提供」してあげたいが1位(35%)




  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 池田模範堂
  4. >
  5. 【MUHI】イクメン熱の高まりで、手の荒れ(ひび・あかぎれ)に悩む男性が急増中!