ロココが、写真、動画、音楽、スライドをデジタルサイネージと共有できるアプリ「フィカ―」を開発

株式会社ロココ(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:長谷川一彦、以下ロココ)はスマートフォンに代表されるスマートデバイスと、テレビモニタや電子看板(デジタルサイネージ)などとの間で、写真・音楽・動画・スライドを振るだけで共有できるアプリ「フィカー」を開発。7月より提供を開始する。

 

「フィカ-」は、スマートフォンで撮影した写真や動画、音楽やスライドを、家庭用テレビモニタや電子看板(デジタルサイネージ)などへ簡単に表示させ、また他のスマートフォンへと共有できるアプリケーションです。

「フィカー」 は、スマートフォンユーザー、広告主、広告メディアに新たなサービスを提供します。スマートフォンユーザーは、端末を振るだけでデジタルクーポンやコンテンツダウンロードなどのサービスを受けられるようになります。広告主、広告メディアにとっては従来のように動画や音声を流すだけでなく、関連するコンテンツをそのコンテンツが欲しいユーザーへ直接ダウンロードさせる事が出来るためメディアの新しい価値の発見に繋がっていきます。

 

■「フィカー」の活用シーン

 

「フィカー」は関連する広告物やコンテンツの情報(静止画、動画、音声など)を配信するだけでなく、スマートフォンユーザーへ関連するキャンペーン情報を提供します。
例えば、街中で「フィカー」から流れている広告映像からデジタルクーポンをダウンロードする事でリアル店舗で多様なサービス・商品と引き換えることが可能になります。


■「フィカー」の商品構成及び販売価格
「フィカー」は、HDMI端子を搭載したテレビに接続する「フィカー端末」とスマートフォン用アプリ「フィカー」の構成となっております。
スマートフォン用アプリ「フィカー」は無料でダウンロード可能です。
「フィカー端末」は価格が3万円。標準では当社ロゴが表示されておりますが、ご提供企業様に合わせたロゴ、デザインの変更は可能となります。(別途カスタマイズ費用が必要となります。)
また、「フィカー」「フィカー端末」をご提供企業様の独自アプリとしてカスタマイズする事も可能となっております。(費用は別途、ご相談させて頂きます)


【ロココについて】
ロココは、[ココロ]からサービスを提供するシステムインテグレーターとして、需要が拡大し続けるスマートデバイスのアプリケーション開発をはじめ、コンテンツの管理・活用やクロスメディア化を視野に入れた各種のシステム開発を受託。加えて、システム稼動後もさらなる改善・強化を見据えてコールセンターも含めたトータルソリューションを提案し、お客様の持続的な成長を支えていきます。

社名 : 株式会社ロココ
所在地: 大阪市中央区西心斎橋2-1-5 日本生命御堂筋八幡町ビル3F
設立 : 1994年6月
資本金: 6,650万円
代表 : 代表取締役 長谷川一彦
URL : http://www.rococo.co.jp/

 

【お問い合わせ先】
株式会社ロココ 経営企画部・情報企画部 小林
TEL:03-3769-0655(代表)、FAX:03-3769-0654、e-mail:cps@ml.rococo.co.jp(@は半角に書き換えてください)

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ロココ
  4. >
  5. ロココが、写真、動画、音楽、スライドをデジタルサイネージと共有できるアプリ「フィカ―」を開発