サンブリッジ、Salesforce1対応デジタル名刺管理クラウドサービス 「SmartVisca(スマートビスカ)」をSalesforce AppExchangeより提供開始

Salesforce1モバイルアプリから「いつでも」「どこでも」名刺情報を活用可能に

Salesforceの導入支援、定着化、最適化を支援するクラウドプロフェッショナルサービス企業である株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野 裕之、以下サンブリッジ)は、世界シェアトップ*のCRMプラットフォームを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出 伸一)が提供するSalesforce1に対応したデジタル名刺管理クラウドサービス「SmartVisca(スマートビスカ)」の提供を開始しました。SmartViscaはセールスフォース・ドットコムのAppExchangeサイトよりご利用いただけます。
SmartViscaはスマートフォンやスキャナでデジタル化した名刺情報を、Salesforceに直接格納するSalesforce専用の名刺デジタル化クラウドサービスです。SmartViscaによりデジタル化された最新の名刺情報は、Salesforceのみに格納され、名刺情報の一元管理の実現に加え、正確な顧客情報をタイムリーに活用することが可能となります。

SmartViscaとSalesforceの強力な連携により、営業担当者は、これまで名刺情報の入力に費やしてきた時間を、新たな営業活動に割り当てることが可能となり、これまで俗人的な管理に頼ることが多かった名刺情報をSalesforceで一括管理することにより、顧客情報の資産価値を高めます。

SmartViscaは最新のプラットフォームであるSalesforce1に対応しており、Salesforce1モバイルアプリで利用すれば、「いつでも」「どこでも」Salesforceに格納された名刺情報にアクセスし、これまでの名刺交換履歴や、所属部門の異動情報などの最新の名刺情報を部門間での共有を可能とすると共に、営業活動におけるモバイルファーストを推進します。

Salesforce1に対応したSmartViscaのAppExchangeでの提供開始にあたり、株式会社セールスフォース・ドットコム専務執行役員アライアンス本部長 保科 実氏は次のように述べています。「Salesforce1に対応したSmartViscaの提供開始の発表を歓迎いたします。名刺情報は会社の資産であり、顧客情報は共有されてこそカスタマーカンパニーを実現できるようになります。SmartViscaは顧客情報の登録時間の削減、共有化を促進し、さらには「Salesforce1」によるモバイルファーストを実現することにより、お客様のビジネスをより加速させるものと確信しております。」

SmartViscaの利用イメージ



<Salesforce AppExchange SmartViscaページ>

https://appexchangejp.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N3000000B5aquEAB

<SmartVisca製品サイト>

http://www.smartvisca.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社サンブリッジ
  4. >
  5. サンブリッジ、Salesforce1対応デジタル名刺管理クラウドサービス 「SmartVisca(スマートビスカ)」をSalesforce AppExchangeより提供開始