マイナンバー情報漏洩防止に最適  開扉監視システム『キャビネットの見張り番』ST-200 新発売

マイナンバー等の機密情報保管キャビネットの開扉状態を簡単に監視・管理。

株式会社エスト(静岡県浜松市 代表取締役 白鳥進)は、マイナンバー関連書類等の機密書類を収納する情報保管キャビネットの開扉状態を簡単に監視・管理できる、開扉監視システム『キャビネットの見張り番』ST-200を11月9日(月)より発売致します。

■ 品名 開扉監視システム 『キャビネットの見張り番』
■ 品番 ST-200
■ メーカー希望小売価格   25,000円(税抜き) 
■ 発売日 2015年11月9日(月)

【製品の概要】
マイナンバー情報の漏洩防止がリスクマネージメントとして注目されています。対策としてコンピュータへの不正アクセス防止がクローズアップされていますが、紙のデータを物理的にきちんと保管、管理することも、併せて重要なポイントとなります。しかし、区画を分けて入退出管理をしたり、監視カメラで常時監視することは、コストがかかりすぎるため、多くの企業にとって現実的ではありません。また、管理ルールを厳重にしようとすると業務が煩雑化してしまうことも課題です。今回発売する開扉監視システム『キャビネットの見張り番』ST-200は、そういったニーズに応えた、マイナンバーを保管するキャビネットの開扉を簡単に監視、管理することができるシステムです。センサーをキャビネットに取付け、本体を管理責任者の近くに設置し、その操作は手元のリモコンで行ないます。キャビネットの開扉時は、本体から30秒間の予告音の後に警報が作動するので、正規の作業であれば、警報が鳴り出す前にリモコンで解除をします。これにより、鍵の管理とリモコン操作による管理の効率的なダブルチェックが可能となります。また、管理責任者の不在時の不正な開扉に関しては、本体から大音量の警報が3分間鳴り周囲の注意を促すと共に、本体LEDが不在時に不正な開扉があったことを知らせます。本体は充電池でバックアップされているので、コンセントを抜いても作動します。

【運用の効果】              
マイナンバーを保管するキャビネットの開扉を簡単に監視、管理するシステムです。不正な開扉時の警報と不在時の開扉歴表示で情報の持ち出しを防止し、ダブルチェックの簡易化で実務者の負担を軽減します。

【機能】
・本体は無線リモコンで簡単にコントロール
・キャビネットが開くとセンサーが無線で本体へ通知
・30秒の予告音の後、大音量警報(100デシベル)
(0秒設定も有り)
・警報停止後もLEDで開扉歴を表示
・電源切断時バックアップ機能搭載

【開扉監視システム『キャビネットの見張り番』ST-200】

 

 

ST-200製品画像

 

製品の詳細
http://www.esuto.co.jp/

【株式会社エストについて】
□概要
・事業内容:情報通信機器、音響機器、防犯機器、介護用機器およびシステムの企画、開発、製造および販売
・資本金:500万円
・本店住所:〒432-8061 浜松市西区入野町20027-6 
・代表取締役:白鳥 進

【本件に関するお問い合わせ先】
□電話:0120-720-380 (フリーダイヤル)または053-440-7708
□メール:info@esuto.co.jp
□担当:白鳥
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エスト
  4. >
  5. マイナンバー情報漏洩防止に最適  開扉監視システム『キャビネットの見張り番』ST-200 新発売