東洋美術学校、2015年9月に海外のオタク向け観光情報誌『Tokyo Pop Guide』を創刊

この度、学校法人専門学校 東洋美術学校(以下本校)は、絵を描くクリエイターのキャリア支援と、絵を描く文化の海外発信を目的とした、一般社団法人 JMAGクリエイターズ協会(以下JMAG)を設立しました。

JMAGとは、Japanese Manga Anime Gameの略で、世界的に認知された日本の文化をクリエイターや企業と連携して更に掘り下げ、日本固有の「絵描き」の技術として世界に広めていく事を目的とします。
 

『Tokyo Pop Guide』とは
海外のオタク向け専門誌。「これさえあれば、どこでも行ける!」をコンセプトに外国人観光客向けに、都内のお店(見る、買う、食べる、遊ぶ)情報を届けます。本書を通じて東京を定点観測し、その間に消費されたコンテンツと共にアーカイブ化することで、時代の流れが垣間見える本を作る、そんなプロジェクトを目指します。


何故、東美がやるのか?
2016年5月に創立70周年を迎える本校は、これまで絵画からデザイン、マンガ、コミックイラストまで幅広く「絵を描くこと」に関する教育を行ってきました。そして、国外で一層盛り上がるマンガ、アニメ、ゲームコンテンツに対する若者の情熱にもっと応えていくことで、本校の教育を世界に広めるきっかけにしたいと思っています。

コンテンツを海外のファンに届けるということ
2015年3月に幕張メッセで開催された「コミケットスペシャル6- OTAKU SUMMIT 2015 –」では、世界のオタクイベントの運営団体が一同に集結し、文字通り国際的なサミットとなりました。今や音楽フェスと同等のイベントとして世界中の多くのファンに支えられるようになった日本のオタク&ポップカルチャーを、私たちはもっと世界へ発信していくことが求められていると感じました。

この他にも、絵仕事を主とするクリエイターや様々な業界の企業に連携を呼び掛け、多様な企画を実行していきます。特にアジアでAMG(日本のアニメ、漫画、ゲームの総称)という呼び名で愛されている私たちの文化への理解促進に寄与しながら、日本のクリエイターの海外進出や事業創出を目指します。

STAFF
中込大介/JMAG代表理事・東洋美術学校 副校長
並木幸久/JMAG理事・工学博士 国立大学法人山口大学客員教授
草野剛/JMAG理事/Tokyo Pop Guideデザイン監修・有限会社 草野剛デザイン事務所代表
ラユン ヒューリマン/Tokyo Pop Guide共編者・株式会社Otaroot代表

* 『Tokyo Pop Guide』についてのお問い合わせはこちらのフォームからご連絡下さい。
http://goo.gl/Tx6Y1g

名称:Tokyo Pop Guide
創刊:2015年9月 ※ 10月中旬にリスケジュール(8/01)
言語:英語・日本語
ページ数:120ページを予定
サイズ:100mm×180mm
部数:初版1万部を予定
価格:300円(税抜き)を予定
回数:年2回発行予定(春号・秋号)
頒布場所:海外のオタクイベント、空港、ホテル、行政施設など(調整中)
発行者:一般社団法人 JMAGクリエイターズ協会 
URL:http://j-mag.org
email: info@j-mag.org
住所:〒162-0067 東京都新宿区富久町1-7

* 本校に関するお問い合わせはこちらまで
---
学校法人専門学校 東洋美術学校 産学連携事務局
〒162-0067 新宿区富久町2-6
TEL: 03-3359-7421
FAX: 03-3359-4747
URL: www.to-bi.ac.jp
mail: project@to-bi.ac.jp
---
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東洋美術学校
  4. >
  5. 東洋美術学校、2015年9月に海外のオタク向け観光情報誌『Tokyo Pop Guide』を創刊