イーフロー、3D描画エンジン 『MatrixEngine』を持つクラウズの過半数の株式を取得して子会社化

両社のリソースを活用して、ホームICT関連市場での展開を加速

株式会社イーフロー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:四ノ宮 力 以下、イーフロー)は、クラウドサービスの開発運営でも実績のある、株式会社クラウズ(本社:東京都千代田区、代表取締役 山形 誠 以下、クラウズ)の51.17%の株式を取得し、平成26年10月3日付で子会社化いたしました。
現在、イーフローは、ホームICT関連市場において、キーデバイスとなるHDMIドングル型スマートスティック「donglee」を核とした各種ソリューション・サービスの開発を重点戦略として取り組んでいます。その中で、iOSも含む各種デバイスに対応したアプリケーションの開発や、クラウドベースのサービスプラットフォーム開発など、新たな分野への対応が求められています。今回、クラウズを当社グループに迎えた理由は、クラウズがこの分野に多数の実績を持っているためです。

クラウズは、携帯通信キャリアが採用した実績のある3D描画エンジン 『MatrixEngine』を持ち、このミドルウェアを活用した多数のスマートフォンアプリの開発実績があります。さらに、クラウドベースの出退勤管理サービス「駅ヨミ」など、サーバーサイドの開発運用にも強みがあります。

今後、両社の強み生かし、ICT関連市場における事業展開の体制を強化すると共に、展開スピードを加速して参ります。


イーフローについて
【商号】株式会社イーフロー
【本社】東京都渋谷区千駄ヶ谷4-2-12 菱化代々木ビル3F
【URL】http://www.eflow.jp/
【設立】2008年11月
【代表者】四ノ宮 力
【事業内容】
・ソフトウェア開発事業
・サービスプラットフォーム事業

クラウズについて
【商号】株式会社クラウズ Clouds Inc.
【本社】〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-9-17 スリーセブンビル10F
【URL】http://www.clouds-inc.jp
【設立】2002年9月
【代表者】代表取締役社長 山形 誠
【事業内容】
・システムインテグレート(SI)事業本部
・プラットフォーム事業本部

Matrix Engineについて
Matrix Engineは、スムーズな3D描写とリッチでわかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)を実現する3D/2Dマルチメディアコンテンツ再生エンジンです。
開発者はアプリケーション開発用オーサリングツールにより、各種データを3D空間上で直感的に配置できると同時に、今まで困難であった近未来的なUI を開発することが可能になります。
また、作成したコンテンツはマルチプラットフォームに対応します。
◆主なサポートエリア
・スマホアプリ(Andrid用/iOS用)の効率的な開発をサポート
・WEBコンテンツ(Web-GL、CSS3Dなど)の効率的な開発をサポート
・組み込みアプリケーション(車載機器、STB、TVなど)の開発をサポート
◆対応プラットフォーム
Android (Google)
iOS(Apple)
Windows Automotive/Mobile (Microsoft)
Linux (Public License)
iTRON (TRON PROJECT ) など多数対応。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社イーフロー
  4. >
  5. イーフロー、3D描画エンジン 『MatrixEngine』を持つクラウズの過半数の株式を取得して子会社化