​WEBサイト多言語化プラットフォーム「LACU Translation」をリリース。

かんたんな翻訳編集CMSと翻訳者のクラウドソーシングで国内サービスの多言語展開を応援。

通訳アプリ”LACU”のサービスを展開している株式会社デモ(本社:東京都港区、代表取締役社長:角田芳泰、以下、デモ)は、WEBサイトに特化した多言語化対応をすることができるサービス「LACU Translation(ラクー トランスレーション)」を開発、10/29よりクローズドβ版の受付を開始いたします。
「LACU Translation」は、サイトに1行のタグを挿入するだけで、簡単に多言語化することができる翻訳CMSと翻訳者クラウドソーシングの仕組みを兼ね備え、今まで多言語HTMLの構築や翻訳者不在で困難だったサイトの多言語化をワンストップで実現することが可能になります。
http://translation.lacu.jp/


l 背景

2013年訪日外国人旅行者数は1000万人を達成し、本年8月までも、昨年同期比25.8%増の864万人(推計)と、引き続き好調な伸びを示していると言われております。2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控えており、今後は海外へ事業展開を目指す企業だけでなく、日本を拠点とする中小企業においても、日本に訪れる外国人旅行者をターゲットとした多言語サービスの提供が課題となってきています。

l LACU Translation について

デモが提供する「LACU Translation」は、サイトに1行タグを挿入するだけで、現在お持ちのWEBサイトをそのまま多言語対応することができる翻訳CMSです。また、デモが保有する翻訳者データベース(登録数約5,000人)を活用し、「LACU Translation」から様々な言語に対応可能な翻訳者へ依頼を出すことができます。これにより、ブラウザの機械翻訳のみに頼らず自社の伝えたいメッセージを多様な言語で世界中のユーザに伝えることが可能になり、新しいビジネスチャンスの創出につながります。
10/29~11月中旬までクローズドβ版を公開、11月下旬よりオープンβ版の公開を予定しております。

l LACU Translation の特徴

1)サイトへの組み込み
「LACU Translation」が発行するタグを翻訳したいページに貼り付けていただくだけです。
言語別にURLを変える、などすることなく同一ページで言語の変換ができるようになります。


2)翻訳方法
翻訳者による人的翻訳となるため、より伝わりやすい多言語対応が可能になります。
また、簡単な文言や急ぎの際などは機械翻訳も利用することができます。

3)価格
ご利用料金は月額24,000円からとなります。
※クローズドβ版は月額利用料は無料です。


l 事前予約キャンペーン実施

10/29~11/15までにサイトからクローズドβ版にご登録いただき、そのままオープンβ版をご利用いただいたお客様には、オープンβ版開始より6か月間月額12,000円にてサービスをご提供いたします。
また、10/29~31に幕張メッセにて開催される「WEB&モバイルマーケティングEXPO」の株式会社デモのブース(小間番号13-7)にて仮登録し、クローズドβ版をご利用いただいたお客様には、オープンβ版開始より4か月間、月額料金を無料とさせていただきます。
ブースでは簡単なサンプルもご覧いただけますので、是非ブースにお立ち寄りください。

LACU Translation : http://translation.lacu.jp/
株式会社デモ :http://demo.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社デモ
  4. >
  5. ​WEBサイト多言語化プラットフォーム「LACU Translation」をリリース。