モバイルメディアプラットフォーム 『Dino』 v.1.2を発表、インスタグラムに連携

~最新バージョン Dino v.1.2公開のお知らせ~

Facebookコメント、Instagram更新情報の自動連携などソーシャル機能を強化
 ソーシャルオウンドメディア構築事業を展開する株式会社リボルバー(代表取締役CEO 小川浩、本社:東京都港区、以下:リボルバー)は、スマートフォンでの利用とソーシャルメディアとの連携を効率的に行なえるモバイルメディアプラットフォームDino(http://dino.vc)の最新バージョン Dino v.1.2を公開しました。

Dinoは、HTMLやCSSの知識がまったくない方でも、数分でWebサイトを構築できるクラウドサービスです。PCはもちろん、スマートフォンに最適化されたサイトを作れるうえ、制作も更新もスマートフォン上で行なうことができます。

Dino v.1.2で追加された新機能は以下の通りです。

・Instagram対応
十代の女性を中心として国内でも人気急上昇の写真共有サービInstagram(インスタグラム)の更新情報を自動的に投稿し、サイト上で記事として公開できるようになりました。

・Googleマップ対応
店舗サイトなどの利用促進のため、簡単な手順でGoogleマップによるアクセスマップの表示ページを追加できるようになりました。

・Facebookコメント対応
Facebookコメント機能をサポートし、各記事に対するコメント機能を付与できるようになりました。オン・オフの切り替えにより、コメント機能を表示したり非表示にしたりすることができます。

・簡易アクセスカウンター
Dinoでは最上位コースであるBUSINESSには独自アクセス解析機能がありますが、無料コースであるFREEにも、PV数を確認できる簡単なアクセスカウンターを設置しました。

リボルバーのCEOである小川浩は以下のようにコメントしています。
「Dino v.1.2を使うと、いま流行しているバイラルメディアを簡単に作ることもできます。有料コースであるPROやBUSINESSを使うと、複数人数によるサイト管理も可能であり、自分たちだけのメディアを構築することが、どのサービスを使うよりリーズナブルなコストで可能となります。」

Dinoは世界で最もシンプルでパワフルなモバイルメディアプラットフォームです。

日本国内企業 340万社のうちWebサイトを有しているのは40%に過ぎません。Dinoは、残り60%、すなわち180万社以上の企業がスマホに対応した自社メディアを運営できることを当面の目標として開発を続けております。


<株式会社リボルバーの概要>
会社名: 株式会社リボルバー
所在地: 東京都港区南麻布1-7-31
設立年月日: 2012年7月30日
代表者: 代表取締役CEO 小川 浩
事業内容: ソーシャルオウンドメディア・プラットフォームの開発と運営
資本金: 78,062,500円(2014年7月30日現在)
URL:  https://revolver.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. リボルバー
  4. >
  5. モバイルメディアプラットフォーム 『Dino』 v.1.2を発表、インスタグラムに連携