サンリオの男性向けプロジェクト第二弾男児向けキャラクター「Shinkaizoku」マーケティング戦略を発表

~深海ブームと知育要素も背景に開発~

株式会社サンリオ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:辻信太郎)は、男児向け市場の拡大に向け、6~8歳の男児をメインターゲットとしたキャラクター「Shinkaizoku」のマーケティング戦略を発表いたします。

サンリオでは、これまで「ハローキティ」や「マイメロディ」といった、あらゆる年代の女性に向けたキャラクターを多く抱えてまいりました。今後は男性にもキャラクターに親しみを持ってもらおうと、サンリオの男性向けプロジェクトの第一弾として、昨年9月に男性に向けた新しいハローキティのデザインを提案するプロジェクト「HELLO KITTY MEN」を始動し、大変好評をいただきました。

今回ご紹介する「Shinkaizoku」は男性向けプロジェクトの第二弾となります。近年注目を集める深海魚をモチーフに、小学校低学年の男児に向けて開発したキャラクターです。男児が好むであろう海のロマン・未知の世界をテーマに、収集・知的好奇心をくすぐる多くのキャラクターを起点に知育要素をもたせております。未知で神秘的な場所にいる深海魚たちのリアルな面白さに興味を持ってもらえる、知的エンタテインメントブランドを目指します。

「Shinkaizoku」は、デザインが面白いだけのキャラクターに留まらず、世界観・ストーリー性のある展開で、「男児の学校生活の定番キャラクター」や「深海のナビゲーター」、「男児教育のアイコン的存在」というように、子どもの知的好奇心を高めるために、多面的に展開できるキャラクターとなれる存在を目指しています。そのため、今後はグッズだけでなく、教材やイベントにも 登場するなど、様々な形で深海の魅力を伝えるべく、子どもや親たちと接触する企画プロモーションを展開いたします。最終的には、この「Shinkaizoku」を主軸とし、男児向け市場において3年間で80億円規模(小売りベース)の売り上げを目指します。今後も、ファンの皆さまにお楽しみいただけるような新たな試みを行ってまいりますので、ご期待ください。

© 2014,2015 SANRIO CO., LTD.


【キャラクターは現在22種(予定)!リアルな姿が面白い深海生物に興味を持ってもらうデザインに】


【キャラクター開発にあたって ~男児を持つ女性社員が開発~】

■知育要素を持つキャラクター
男児向けキャラクターを開発するにあたり、実際に男児を持つデザイナー・プランナー3名の社内チームを複数結成。各チームからのキャラクタープレゼンを経て、社内選考にて「Shinkaizoku」に決定しました。男児が好む海のロマン・未知の世界をテーマに、収集・知的好奇心をくすぐる多くのキャラクターで親もうれしい知育要素をもち、子どもとのコミュニケーションのとれるストーリーを考案しました。

■昨今の「深海ブーム」の時流に乗っている
2013年1月、ダイオウイカの世界初撮影に成功したことに端を発し、現在幅広い年代に「深海ブーム」が巻き起こっていることも、当キャラクターの開発背景にあります。このブームが広まった要因である、深海魚の探究心をくすぐるような魅力を活かしたキャラクターとなっております。

【3月の商品展開】

発売日:2015年3月11日(水)販売ルート:サンリオ直営店、百貨店のサンリオコーナー他(一部取扱いのない店舗もございます。)



 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社サンリオ
  4. >
  5. サンリオの男性向けプロジェクト第二弾男児向けキャラクター「Shinkaizoku」マーケティング戦略を発表