約2,000名の方にリーフレット配布!「ウイルスに負けるな!プロジェクト」

秋冬の健康リスクから生活者を守る!

株式会社ヒロモリ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤彰彦)が企画・運営している「ウイルスに負けるな!プロジェクト」は、11月9日(日)に横浜駅東口 はまテラスで行われたイベント「ココカラ・リオーネ」に参加しました。
main image
「ココカラ・リオーネ」は、「ココロとカラダ」をテーマに、特に家族の健康を大きく左右する女性(なかでも、これから結婚・家庭を持つ予定の女性や現役子育て中のママ)に向けた啓発活動を通じて、多くの方が自分の身体に向き合うきっかけづくりのひとつとして行われるものです。本プロジェクトもこの趣旨に賛同し、イベント会場にブースを出展しました。

イベント当日、スタッフは本プロジェクトのマスコット「マケルナくん」とお揃いの青いニット帽をかぶり、オフィシャルパートナーである株式会社ヤクルト本社の方々と協力しながら、ご来場いただいた皆様への公式リーフレットやウェットティッシュ・のど飴などの配布を通じて、ウイルス感染防止の啓発活動を行いました。

厚労省の発表によると、既にインフルエンザによる学級閉鎖を行っている学校が複数校あります。

これから寒くなるにつれて更なる流行が予想されますので、本プロジェクトの推奨アクション(からだをまもる/よくねむる/しっかり栄養補給)を行い、体調管理に努めましょう!


「ウイルスに負けるな!プロジェクト」とは?

秋冬になると毎年流行する、インフルエンザやノロウイルス。
ウイルス感染による子どもやその家族への影響は、社会的にも深刻な問題となっています。

本プロジェクトでは、ウイルス感染する子どもたちを減らし、1校、1学級でも多く学級閉鎖を減らすことを目指して、公益団体と民間企業が一体となり、秋から冬にかけて様々な啓発活動を行ってまいります。

啓発活動では、ウイルスに負けない体をつくるために大切な、3つの推奨アクションを紹介しています。


■負けないアクション その1 「からだをまもる」
ウイルス感染は、手についたウイルスが口や鼻から入ってしまったり、感染者のせきやくしゃみで飛んだウイルスを吸い込んでしまったりして起こります。そのため、「手洗い」、「うがい」、「マスク」による予防が効果的です。

■負けないアクション その2 「よくねむる」
毎日規則正しくたっぷり眠ることは、ウイルスに負けない体づくりにとっても大切です。
眠っている間に疲れが取れて、免疫力が高まります。

■負けないアクション その3 「しっかり栄養補給」
ウイルスに負けないためには、免疫力をつけることが大切。実は、ウイルスと戦える体をつくる秘訣は、腸を丈夫にすること。腸が正しく働けば、それだけ免疫力も高まります。

本プロジェクトの活動内容については公式サイトをご覧ください。
http://makeruna.jp/

また、本プロジェクトの活動にご賛同いただき、商品やサービスを通じてともに活動していただけるパートナー企業様も募集中です。詳しくは公式サイトの下記ページをご覧ください。
http://makeruna.jp/partner.html


【推進団体】
公益社団法人 全国子ども会連合会 http://www.kodomo-kai.or.jp/

【オフィシャルパートナー】
株式会社ヤクルト本社 http://www.yakult.co.jp/
株式会社デザインファクトリー http://www.designfactory.co.jp/

【企画・運営会社】
株式会社ヒロモリ http://www.hiromori.co.jp/


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ヒロモリ
  4. >
  5. 約2,000名の方にリーフレット配布!「ウイルスに負けるな!プロジェクト」