TOKYO DESIGNERS WEEK 2014へ出展、大盛況のうちに閉幕

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、今年で29年目となる日本最大級の総合クリエイティブイベント「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」(会期:2014年10月25日(土)~11月3日(月・祝)、場所:明治神宮外苑絵画館前、主催:デザインアソシエーション)に出展、Touch! NEW RENAULT DESIGNをテーマにした「触れるプロジェクションマッピング」を実施した。会期中、ルノーブースには約13,000名が来場し、「触れるプロジェクションマッピング」を通じて沢山の方にルノー デザインを体感していただきました。

 



『触れるプロジェクションマッピング』は、“Touch! NEW RENAULT DESIGN”をテーマに、
「ルノー ルーテシア」に触れることを通して、ルノーデザインを体感してもらうために実施されました。

ルノー ルーテシアは、ルノーの新チーフデザイナーのローレンス・ヴァン・デン・アッカーが初めてコンセプトから手掛け、ルノーの新しいデザイン戦略を象徴するモデルであり、自然界の曲線をモチーフに、どの角度から見ても鋭い角(エッジ)や攻撃的な印象はなく、ただ思わず手を触れたくなるような官能的な曲線だけで構成されたクルマです。

本企画は、会場内に展示された白い(ブラン グラシエ色)ルノー ルーテシアに、デザインモチーフとなった自然界の水や気体をイメージした幻想的な映像が流れ、来場者が車体に触れると、その車体や空間に音と共に変化が起こるというもので、実際にルノーのデザイナーのインスピレーションとデザインイメージを五感で“体感”してもらうことを目的に企画されました。

会場にはご家族連れや学生、国内外のデザイン関係の仕事をされている方など、幅広い層のお客様が来場し、オープン当初から行列ができるほどの盛況をみせました。会期中、約13,000名のお客様に体験していただきました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ルノー・ジャポン株式会社
  4. >
  5. TOKYO DESIGNERS WEEK 2014へ出展、大盛況のうちに閉幕