ベライゾンの市場状況調査: エンタープライズクラウド2014レポート

IT部門がクラウドコンピューティングの予算管理を強化、ミッションクリティカルなワークロードをクラウドに移行する企業や官公庁が増加

Verizonは、「市場状況調査レポート: エンタープライズクラウド2014(“State of the Market: Enterprise Cloud 2014” )(内容英語)」を発表
main image
Verizon (日本法人、ベライゾンジャパン合同会社、東京都千代田区、執行役員社長:平手智行、以下「ベライゾン」)は、「市場状況調査レポート: エンタープライズクラウド2014(“State of the Market: Enterprise Cloud 2014” )」を発表しました。本レポートでは、現在、調査対象企業の65%が自社のITインフラストラクチャの一環としてクラウド技術、サービス、ソリューションを使用していることが報告されています。また、このレポートは、企業におけるクラウド予算の80%以上がIT部門(具体的にはCIOやCTO)によって管理され、クラウド導入の半分以上(62%)がCIOやCTOによって直々に指揮・監督されていることを公表しています。

このベライゾンの第2回年刊レポートでは、企業内でのクラウド使用と、IT部門や事業への一般的な影響について、オリジナルデータや分析結果を提供しています。本レポートは、業界をリードするクラウドサービスプロバイダーであるベライゾンの社内データと、外部アナリストや調査会社からのデータや見識を組み合わせた業界唯一の報告書です。このレポートは現在のクラウドの傾向を提供すると共に、企業内でのクラウドの将来像を分析・予測しています。

ベライゾンの市場状況調査: エンタープライズクラウド2014レポート(内容英語)はhttp://cloud.verizon.com/enterprise-cloud-reportからダウンロードできます。また、ベライゾンのクラウドポートフォリオ、データセンターポートフォリオ、関連ソリューションについてはcloud.verizon.comをご覧ください。

ベライゾンは、ビジネスの成長や業務革新を推進し、社会を前進させるグローバルコネクションを創造します。ベライゾンは、セキュアなモビリティプラットフォーム、クラウドプラットフォーム、戦略的ネットワーキングプラットフォーム、高度な通信プラットフォームを通じて提供される業界に特化したソリューション、世界中に展開する幅広い製品ラインやサービスによって、企業におけるイノベーション、投資、ビジネス変革に関する新しい可能性を切り開きます。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ベライゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. ベライゾンの市場状況調査: エンタープライズクラウド2014レポート