新潟の泉田知事が最先端のイチゴLED植物工場を視察

泉田新潟県知事が、美味しいイチゴが年中・世界中で『旬』なるメード・イン・ジャパンの次世代植物工場を視察

4月9日、新潟県の泉田裕彦知事はいちごカンパニー株式会社(本社・新潟県胎内市、小野貴史社長)を訪れ、LEDを使ったイチゴの植物工場を視察しました。いちごカンパニーは植物工場でのイチゴ栽培技術の確立を進めており、実用化に成功しました。この栽培技術は、夏秋期の栽培を可能にしただけでなく、高糖度でジューシーな大粒イチゴが農業未経験者でも栽培でき、年中・世界中で展開できる新しい農業の形となるものです。
4月9日、新潟県の泉田裕彦知事はいちごカンパニー株式会社(本社・新潟県胎内市、小野貴史社長)を訪れ、LEDを使ったイチゴの植物工場を視察しました。いちごカンパニーは植物工場でのイチゴ栽培技術の確立を進めており、実用化に成功しました。この栽培技術は、夏秋期の栽培を可能にしただけでなく、高糖度でジューシーな大粒イチゴが農業未経験者でも栽培でき、年中・世界中で展開できる新しい農業の形となるものです。

 

LEDを使ったイチゴの植物工場で世界初となるこの植物工場は、いちごカンパニーが中心となり地元の地域総合建設業の小野組を始めとする様々な企業の開発力を組み合わせ、地域の課題を解決しつつ、新しい産業を構築しようとするメード・イン・ジャパンの知恵と叡智の結晶です。

 

泉田知事は、新潟県特産のイチゴの品種『越後姫』を採用し、それを基に開発を進めた植物工場を視察しました。

 

この次世代植物工場は、冬期間でも化石燃料を全く使用せず温度コントロールができ、小規模な空間でも効率よく栽培をすることができるので環境負荷が少ないばかりではなく、都市部での活用が想定され将来的にはバーティカルファーム(立体的農法)への発展性が期待されています。

 

またこのシステムは、農産物を輸送して販売する従来型スタイルから、苗等の段階で輸送し、消費地で栽培と販売をし、新鮮なものを消費者に直接届ける新しい流通スタイルを構築できるようになり、ロジスティクスに関しても大きな変革をもたらすことになります。

さらにこの次世代型植物工場は、温湿度・CO2濃度等の自動制御システムを通して栽培管理されており、自然界では不安定な天候を安定化させることによって、最高レベルの栽培結果を実現すると共に、化学農薬を使用せず、病害虫の発生をコントロールすることにも成功し、洗わずにそのまま食べられる安心・安全のイチゴを可能にしました。

 

 


いちごカンパニーHP

http://www.15company.jp/

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/15company
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. いちごカンパニー株式会社
  4. >
  5. 新潟の泉田知事が最先端のイチゴLED植物工場を視察