BJITが米国シリコンバレーに進出

米国市場向けにオフショア開発事業展開を拡大

バングラデシュでオフショア開発事業を展開する、株式会社BJIT(代表取締役社長 佐藤一雅 以下BJIT)は、米国ICT市場向けのオフショア開発事業展開の活動拠点として、米国カリフォルニア州Santa ClaraにBJIT Corp.を設立致しました。

 

<設立の背景>

米国のICT市場規模は、2013年に1兆2000億ドル(※1)を上回る世界最大規模の市場です。システム開発分野においては多くのインド系ITベンダー企業が参入し、豊富な人材供給力と英語力を活かしたITエンジニアが数多く活躍しています。一方で、人件費に高騰により開発コストは年々増加し始めており、今後も益々エンジニア需要が見込まれる米国市場においては、インド+1としてインドに続く新たなオフショア開発の受け皿となる対象国が求められています。

バングラデシュにおいては、英語教育も盛んなことから、TOEICテストの国別平均スコアランキングでは世界1位(平均スコア895点、2014年)(※2)となっており、ITエンジニアの高い技術力に加えて、英語力に長けた豊富な人材の供給力があります。また、政府がデジタルバングディッシュ構想を掲げIT分野における人材育成にも力を注いでおり今後益々の発展が期待されています。BJITは、日本・ヨーロッパを中心とした海外オフショア開発の14年間の豊富な経験によるグローバル品質の開発ノウハウと、バングラデシュの豊富な人材の供給力を活かして、日本・フィンランド・シンガポールに続く市場として、米国におけるグローバルな事業展開を加速して参ります。

 <米国BJIT Corp.の会社概要>

名 称 :  BJIT Corp.
資本金 :  $100,000
本 社 :  4701 Patrick Henry Drive, Building 25, Santa Clara, CA 95054
役 員 :  取締役会長     佐藤 一雅
           代表取締役CEO    JM Sawkat Akbar(ジェエム・シュウカット・アクバル)
               取締役            明石 康弘
URL :   http://www.bjitgroup.com

<バングラデシュについて>

バングラデシュは、人口1億6千万人を超える南アジアの新興国です。政府が「デジタルバングラデシュ」を掲げてIT化を推進し、豊富なITエンジニアを輩出する親日国としても知られており、インド+1やチャイナ+1の対象国として注目を浴びるオフショア開発先国です。

※  1  参考:世界情報サービス産業機構(WISTA)Digital Planet
※  2  参考:IIBC TOEICテストWorldwideレポート2014

 ■株式会社BJIT会社概要
名 称:    株式会社BJIT
本 社:    東京都港区芝5-1-13 三ツ輪三田ビル5F
資本金:    2億4,810万円
代表者:    代表取締役社長 佐藤 一雅
URL:    http://www.bjit.co.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社BJIT
  4. >
  5. BJITが米国シリコンバレーに進出