進化し続けるライトフィールドカメラLYTRO ILLUM 【ライトロ イルム】がバージョンアップ!

カメラソフトウェア「ILLUM 2.0」と現像ソフト「LYTRO Desktop 4.3」を同時リリース

カメラ本体と現像ソフトの継続したアップデートにより、機能が進化し続けるライトフィールドカメラ「LYTRO ILLUM」。今回の大幅なアップデートでは、より精細な奥行き情報を撮影できるようになり、また撮影後すぐにカメラ上でリビングピクチャをインタラクティブ再生できるようになりました。さらに現像ソフトではAdobe® Photoshop®とシームレスに連携できるようになり、より強力なイメージングソリューションが実現しました。
1.「LYTRO ILLUM 2.0」について
撮影/再生画面のフルスクリーン表示、奥行きセンシングの強化によるDS(デプススケール)の詳細化、最大3倍に速度が改善されたオートフォーカス、カメラ上で直接リビングピクチャのフォーカスおよび絞り変更、視点チルトができる、高いインタラクティブ性を実現しました。

【撮影モード画面】


より見やすく、使いやすくなったタッチスクリーンインターフェース。画面右上の拡大アイコンをタップすれば全画面表示に。日中でも画面操作がし易いように、主要な情報には赤いインジケーターが配置されました。また、レンズの前の立体的な世界の中のリフォーカス領域を把握するためのデプススケールは、より詳細に距離を教えてくれるようになりました。

左の例: 手前の黄色い1番ボールにフォーカスした時、フォーカス位置はレンズ前28cm、リフォーカス領域はレンズ前23cm~37cm。右の例: 奥のオレンジの5番ボールにフォーカスした時、フォーカス位置はレンズまえ99cm、リフォーカス領域はレンズ前48cm~∞。

また、フォーカス速度はILLUM1.0より約3倍改善。奥行きをセンシングしつつフォーカスする、ライトフィールドカメラのILLUMならではの性能を最大に発揮しています。


【再生画面】
撮影したカメラ上で「フォーカス位置の変更」「絞りの変更」「視点チルト」ができるようになりました。全画面表示の見やすい環境の中で、撮影データを確認することで撮影効率が改善。

2本の指で右へ円を描くことで最大F1まで絞りを解放、反対側へ描くことでF16まで閉じることができます。


1本の指でタッチしたところへリフォーカス。指を押し付けたままドラグすることで視点チルトさせることができます。

2.「LYTRO Desktop 4.3」について
より高速な画像処理、改善されたワークフロー、そしてさらに広がった出力フォーマットが、フォトグラファーやアーティストへより高いクリエーティビティを提供します。


【Adobe® Photoshop®とのシームレスな連携が実現】

「Photoshopで編集」を選ぶことで、スタックファイルをそのままPhotoshop®の中で8つのレイヤーとして編集することができるようになりました。奥行き情報をもつ、グレースケールの「デプスマップPNG」、6つのチルト状態で保存されたレイヤーを編集すると、その結果がそのままLYTRO Desktop上に反映されます。

【ファーストインポート】

ILLUMで撮影したライトフィールドデータを、完全処理しないままでも取り込めるようになり、作業したいデータだけを優先的に現像することができるようになりました。未処理のデータは黄色い枠で囲って表示され、後から単独・バッチ処理を行うことができます。


【深度マップ編集機能を追加】

LYTRO Desktop上で直接深度マップを編集できるようになりました。撮影時の光線の乱反射などで欠けてしまった部位のタッチアップ、荒れてしまった輪郭の補修などを素早く修正することができます。

【3Dサイドバイサイド方式のアニメーション書き出し】
フルカラーのまま、サイドバイサイド方式に対応した3Dテレビで再生できる動画ファイルを書き出すことができるようになりました。Google CardboardやSamsung Gear VR、ステレオ眼鏡を使っても視聴いただけます。


【レンチキュラープリント】
3D眼鏡を使わず肉眼で立体画像を見ることができるレンチキュラー。新たにレンチキュラーで使うレンズ枚数に合わせた連番画像を出力することができます。


3. 無料ダウンロード
ソフトウェア LYTRO ILLUM 2.0およびLYTRO Desktop 4.3は、無料でダウンロードいただけるアップデートです。インストール済みのLYTRO Desktop旧バージョンから「アップデート」いただくか、こちらからダウンロードいただけます。


LYTRO ILLUM 2.0 ダウンロード:

http://lyt.ro/ILLUMCameraUpdate
 

LYTRO Desktop 4.3ダウンロード:

https://www.lytro.jp/desktop/

【LYTRO Studio】
さらに詳しい情報は、LYTRO Studioブログ: http://lytrostudio.comをご参照ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ライトロ
  4. >
  5. 進化し続けるライトフィールドカメラLYTRO ILLUM 【ライトロ イルム】がバージョンアップ!