変わらない台湾と、刻々と変化する台湾。どちらも台湾のすばらしい魅力です。「絆KIZUNA」フェアのフィナーレ。

台湾の今と昔に触れる旅

台湾ならではのライフスタイル空間を演出した台湾フェア「絆 KIZUNA」は、2015年6月末の代官山蔦屋書店を皮切りに、函館、湘南、梅田と、全国のT-SITEを巡回してまいりました。オープニング開催の代官山蔦屋書店では、音楽家ジョナサン・リー、映画監督マージー・シアン、料理家アンドレ・チャン、ブランドコンサルタントCizoo & Co.、文具ブランドTools to Livebyら、各分野を代表するライフメーカー(Life Maker)を招いてイベントも実施。彼らにとって台湾はどのような場所なのかをそれぞれの視点で紹介し、イベント参加者と楽しい時間をシェアしました。

 

 


また、出版社の顔も持つ主催のMPXは、代官山蔦屋書店でのフェア開催時期に合わせて、日本の人気セレクトショップURBAN RESEARCH、出版社マガジンハウスとともにスタイリッシュなガイドブック<Taiwan Research>を制作いたしました。発売後はインターネットの売り上げランキングで第4位(海外旅行ガイド部門)にランクインし、多くの方々から好評を得ました。
 

 

昨年12月、この『絆Kizunaフェア』は、台湾のデザイン雑誌『Shopping Design』が主催するアワード「Shopping Design Best 100」に選出されました。このイベントの主催者の、「台湾という島に住む者の価値観で、マスメディアに影響されることのない主張と行動を興(おこ)そうと努力している」という視点から選ばれたものです。「絆KIZUNA」の努力や理念が多くの人に認められる形となりました。

また、日本の大手メディアにもこの台湾フェアは注目されています。雑誌『Pen+』では、完全保存版として「台湾カルチャークルーズ」特集を企画(2015年10月発売)。フェアの主催であるMPXも企画協力し、本フェア を特集しました。また、台湾を代表するデザイン、グルメ、音楽など各分野の著名人らの取材を通じて、最新の台湾カルチャーも紹介しています。

今回、二子玉川 蔦屋家電での開催が「絆 KIZUNA」フェアのフィナーレです。今フェアでは台湾の「今」と「昔」の姿を再現していきます。出展ブランドは、生活雑貨のNakNak、AM IDEAS、Danzo、no.30、文具のTools to Liveby(禮拜文房具)、ユニセックスウエアの鄭惠中、活版印刷の日星鑄字行、テープメーカーのitapeなど。そして、ヨーロッパ、アジア各地で展開しているイヤホンブランドChord & Majorが今回初出展します。台湾カルチャーの創作力が集結した姿を一挙にご覧いただけます。賑やかでセンスあふれる二子玉川という街で、台湾の新たなアート&テクノロジーあふれたライフスタイルを紹介していきます。
 

 



【開催概要】
・会期:2016年1月1日(月)〜1月24日(日)
・会場:二子玉川蔦屋家電(東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)
・主催:MPX co,.Ltd/蔦屋家電

【トランスアジアで台湾へ行こうキャンペーン実施中】

絆フェアは二子玉川でイベントのフィナーレを迎えます。1/11〜24の期間中購入特典として、絆フェアで商品を購入頂いた方に限り、飛行機チケット(東京-台北)が当たる抽選を用意しております。

◆応募方法
#トランスアジア #台湾行きたい#蔦屋家電 #絆 とハッシュタグを付けて写真といっしょにアップしてください 。

※写真をアップ後、kizunaFacebookページにメッセージでレシートの写真をお送り下さい。(https://www.facebook.com/kizunataiwan/

◎「絆KIZUNA」について
数年前、「世界の美しい本屋トップ20」として選ばれた代官山蔦屋書店は、MPXが出版するライフスタイル誌「M.MAG」を、“台湾唯一のカルチャー誌”としてセレクトした。2015年の紹介記事では「台湾で一番注目すべきの雑誌」、「アジアのパワーが集約」と評価された。雑誌のような紙媒体が与える肌触りや触感は、文字と視覚とともに他では味わえない楽しい体験を得ることができ、かけがえのない文化的存在である。蔦屋書店はそのような文字の魅力と実用性を大切にし、独自のスタイルとセンスであらゆるカルチャーに影響を与えている。MPXが「雑誌」という道具を信じて台湾のライフスタイルやカルチャーを伝えてきたことが蔦屋書店の目にとまり、交流が始まったのだった。2015年初め、蔦屋書店から正式に「台湾フェア」のお誘いを戴き、6月末開催を決定。「絆」フェアは、MPXが長年注力し続けてきた台湾と日本のファッション&カルチャー業界への影響力、台湾と日本のカルチャー交流に基づき人、モノ、映像、空間の要素をリンクさせ、五感体験をテーマとした展示。

◎主催/MPX co,. Ltd
1999年設立。ライフスタイル誌『M.MAG』をはじめ、『Urban Runners』、『Shoesmaster(台湾版)』といった雑誌を刊行。ライフスタイル、ファッション、スポーツの分野において幅広く展開。また、広告制作、PR、イベント制作でも多くの実績を持つ。日本の地場産業の概念を台湾に導入した。また、台湾台南市文化局、日本日田市とそれぞれ文化交流のイベント「日田日和」を実施。日台の文化交流事業の鍵を開いた。「M.Gallery」の新感覚空間センスと「M.Select」のモノセレクト力により、アート、カルチャー、デザイン、ファッション、ライフスタイルの推進を図る。

◎錢翠雯(Sen)/「絆 KIZUNA」イベントプロデューサー
MPX co,. Ltd代表。東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒。台日のカルチャー交流事業に注力し、さまざまなカルチャーイベントを主催する。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. MPX Co., Ltd
  4. >
  5. 変わらない台湾と、刻々と変化する台湾。どちらも台湾のすばらしい魅力です。「絆KIZUNA」フェアのフィナーレ。