rakumoケイヒとrakumoワークフローの連携機能をリリース

~経費精算をもっと手軽に、もっと便利に~

Google Apps™ と連携する、ビジネス向けグループウェアアドオンツールrakumoシリーズを提供するrakumo 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:御手洗 大祐)は本日、経費精算サービスの「rakumoケイヒ」と電子稟議サービスの「rakumoワークフロー」の連携機能をリリースすることを発表いたします。
rakumoシリーズは、Google Apps™ をより便利に活用できるアドオンツールとして日々機能拡張を実施しておりますが、この度、多くのお客様からご要望をいただいていた「rakumoケイヒ」と「rakumoワークフロー」の連携を実現し、より一層活用できるサービスへと進化いたしました。
これまでユーザーは「rakumoケイヒ」で経費を経理担当者に申請し、一方で「rakumoワークフロー」でその費用を上長に承認を仰ぐといった二重の作業が必要でした。そこで、「rakumoケイヒ」と「rakumoワークフロー」を連携することでユーザーが経費精算からワークフロー申請までの業務をシームレスに行うことができるようになりました。
今後も、Google Apps™ をより一層活用できるビジネス向けサービスとしてのrakumoシリーズを洗練させ、お客様の利便性向上に努めてまいります。

■rakumoケイヒとrakumoワークフローの連携イメージ

■rakumoケイヒとrakumoワークフローが同時に利用できるパッケージプランについて

rakumoケイヒ&ワークフローパック
rakumoケイヒとrakumoワークフローを一括購入で、お得にご利用いただけるパッケージプランです。
価格:1ライセンス当たり月額利用料500円(税抜)

(ご参考)rakumoケイヒ、rakumoワークフローを単体でご利用の場合
価格:1ライセンス当たり、rakumoケイヒ、rakumoワークフローともに月額利用料300円(税抜)
※ Google Apps™ ライセンス料が別途発生します。
※ 年単位でのご契約が必要です。

■rakumoケイヒとrakumoワークフローの連携機能については以下のウェブサイトをご参照ください。
http://rakumo.com/product/expense/renkei.html

■rakumoご紹介のセミナー開催について
Google Apps™ を導入予定のお客様、もしくは導入済みのお客様を対象としてrakumoのセミナーを実施しております。次回の開催は、Google Apps™ やスマートフォンの導入から社内展開成功まで実現した企業の事例を交えたセミナーで、株式会社ストリートスマート様、グーグル株式会社様、株式会社インターナショナルシステムリサーチ様にご登壇いただきます。ぜひご参加ください。
http://rakumo.com/seminar.html

■rakumoについて
rakumo 株式会社が企画・開発を手がける、パブリッククラウドを活用したオフィスツールサービス群の総称です。特に業務プロセスを重視したサービス間の機能連携やユーザーの操作性を重視し「効率性」と「創造性」の点においてオフィスの生産性向上に貢献する業務サービスの実現を目指しています。
現在rakumoは、Google Apps™ 版においてカレンダー(グループカレンダー機能)、コンタクト(共有アドレス帳)、ワークフロー、タイムレコーダー、ボード(掲示板)、ケイヒ(経費精算サービス)の6サービスと、セールスフォース・ドットコム社のSalesforce版においてソーシャルスケジューラーの1サービスを提供しています。
2016年1月現在、約950社、30万ユーザーのお客様にサービスをご利用いただいております。
http://rakumo.com/

■rakumo 株式会社について
代表者   : 御手洗 大祐
所在地   : 〒104-0061 東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
事業内容  : rakumo製品の開発・販売
ウェブサイト: http://rakumo.com/
デジタルマーケティング支援を行うネットイヤーグループ株式会社(本社所在地:東京都中央区 代表取締役社長 兼 CEO 石黒 不二代)の連結子会社です。
2015年11月1日、株式会社日本技芸からrakumo 株式会社に社名変更いたしました。

■本件に関するお問い合わせ
rakumo 株式会社 販売促進室
MAIL    : marketing@rakumo.com
TEL    : 03-4582-6073

※ Google, Google Apps は、Google Inc. の登録商標または商標です。
※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしく標です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. rakumo株式会社
  4. >
  5. rakumoケイヒとrakumoワークフローの連携機能をリリース