Commvault、顧客獲得の勢い増すと発表

-- 全リージョン、さまざまな業種で成長 --

データと情報の統合管理ソリューションを提供するCommvault Systems (本社 米国ニュージャージー州、NASDAQ:CVLT) の日本法人CommVault Systems Japan株式会社 (本社 東京都千代田区、以下Commvault) は、本日、Commvaultデータ管理ソリューションへの需要の高まりにより、顧客獲得の勢いが継続的に増していることを発表しました。Commvaultは、仮想化、クラウド、SaaS、従来のオンプレミス環境のすべてをサポートするソリューションで、急速に変化するテクノロジーや、厳しいリソース要件、増え続けるデータ量が原因で起こる複雑な問題を解決しています。
会計年度2016年第三四半期にCommvaultのデータ管理ソリューション ポートフォリオやサービスへの投資を拡大した新規/既存お客様の一部を下記にてご紹介させていただきます。

BP2 - BNP Paribas Partners for Innovation
CIECH Group
City of Seattle
Dataline
DataSpring
Guthrie Healthcare Systems
Hero Cycles Limited & Associates
Metropolitan Council of Minnesota
NTT Data
Reasonnet
Tinkoff Bank
University of Melbourne

DataSpringのCEOであるMartin Smekal氏は、次のように述べています。「データ バックアップと保護は、高い可用性を必要とするデータセンターでは非常に重要です。私たちがCommvaultを選んだ最も大きな理由は、Commvaultが仮想化インフラに使いやすいライセンス ポリシーを提供しており、クラウド環境のバックアップ、保護、重複排除において私たちがもっとも優れたサービスを提供することを可能にしてくれるからです」

米国時間2015年10月20日に行った「Commvault、オープン データ プラットフォームを含めた次世代ポートフォリオを発表し、データ保護の市場を再定義」のリリースを受け、前述の企業様は、Commvaultへ新しいテクノロジー投資をすることで、データを活性化し、利用可能なビジネス洞察を解き放ち、その価値を高めるさまざまなソリューションやサービスを活用しています。

Commvaultの会長、プレジデント兼CEOであるN. Robert Hammerは、次のように述べています。「私たちは、こうしたお客様を第3四半期に迎え入れることができたことを非常に嬉しく思います。私たちの成長は、今日市場に新しく出現しているデータ管理要求に応えることができるCommvaultの能力について雄弁に語っていると信じています。市場をリードするCommvault Data Platformと次世代ソフトウェアを先日リリースしたことで、この勢いが継続していくことを期待しています。私たちのソリューションは、今日お客様が直面している新興のそして既存の問題を解決することができる現代的かつ包括的なデータ管理ソリューションを提供することができます」

Commvaultユーザーになるためのさらに詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://www.commvault.co.jp/

Commvaultについて

Commvault社は、Singular Visionこそが、今後のデータ管理のニーズに応えることができるより良い方法であるという信念に基づき、Singular Information Management® ソリューションの開発を行っています。このソリューションは、複雑なストレージ ネットワークにおいて、高性能なデータ保護、あらゆる状況に対応できる可用性、シンプルなデータ管理を実現します。Commvault社のユニークな単一プラットフォーム アーキテクチャによって、企業はデータの増加、コスト、リスクをかつてない方法でコントロールできるようになります。Commvault社のSimpana® ソフトウェア製品は、シームレスに連携動作するよういちから設計されており、単一コードと共通の機能セットを共有することで、優れたデータ保護、アーカイブ、レプリケーション、検索、リソース管理の機能を単一プラットフォームで提供します。Commvault社だけが提供できる効率性、パフォーマンス、信頼性、管理の優位性を理解した企業が次々とCommvault社のソリューションのユーザーとなっています。Commvault社に関する情報はwww.commvault.com をご覧ください。Commvault社の本社は米国ニュージャージー州のティントン・フォールズにあります。CommVault Systems Japan株式会社の本社は〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12Fにあります。


Safe Harbor Statement

Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2015 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "CV" logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. CommVault Systems Japan株式会社
  4. >
  5. Commvault、顧客獲得の勢い増すと発表