東京工業大学の代表団、ROSATOM中央先進訓練研究所を訪問

~原子力安全・セキュリティ分野における国際的リーダー育成で協力~

                                           2015年12月2日

 

この資料は、ロシアの国営原子力企業ROSATOMが2015年11月19日付で発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供しています。この資料の正式言語はロシア語であり、その内容およびその解釈についてはロシア語を優先します詳細は、URLをご参照ください。
http://rosatom-cipk.ru/?p=7359

 報道関係各位

          東京工業大学の代表団、ROSATOM中央先進訓練研究所を訪問  
       ~原子力安全・セキュリティ分野における国際的リーダー育成で協力~

2015年11月19日、東京工業大学の代表団は、相互協力の可能性と課題について話し合うため、ROSATOM中央先進訓練研究所を訪問しました。代表団長の齊藤正樹名誉教授・特命教授は、原子力安全・セキュリティ分野における、修士および博士課程の学生たちを対象とした、東京工業大学のグローバル原子力安全・セキュリティ・エージェント教育院(以下、教育院)の教育院長兼プログラムコーディネーターを務めています。その課程はIAEAをはじめとする国際機関で高い知見と強い指導力を発揮し国際的リーダーとして活躍する日本人の専門家を育成するため、設けられています。

教育院のプログラムの特徴として、選抜された学生たちが異文化コミュニケーションの分野で能力を向上するために、外国の組織や機関で研修することにあります。また、世界的な専門家による研修評価システムを開始しました。東京工業大学の代表者が、教育院の青木氏の博士論文の内容をアルチシュク所長に評価してもらいました。青木氏から提供された情報は、原子力と核燃料サイクルの安全性確保に関する日本社会の関心が高まっていることを明示しています。

東京工業大学とROSATOM中央先進訓練研究所は、原子力後進国の原子力専門家の育成に携わり、双方にとって、今回の訪問と今後の協力は有益なものとなっています。

 

参考:
ROSATOM中央先進訓練研究所の主な活動は、人材育成、研究、顧客の要求およびROSATOMの利益に基づいて科学技術などの措置実施の分野で、質の高いサービスの提供を通じて、企業の競争力と安全を向上させることです。研究所の詳細については、ウェブサイトをご覧ください: http://rosatom-cicet.ru/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ロスアトム国家原子力公社
  4. >
  5. 東京工業大学の代表団、ROSATOM中央先進訓練研究所を訪問