リッカルド・ムーティ指揮 シカゴ交響楽団2016年1月来日!

あのリッカルド・ムーティがシカゴ交響楽団(CSO)の音楽監督に就任して以来、初めてCSOを率いて2016年1月に来日します。輝かしい歴史を誇るシカゴ交響楽団は1977年以来、今回で 6回目の来日となります。

CSO創立125年周年記念ツアーでもある日本公演は、1月18日と19日の2日間にわたり、東京文化会館で開催されます。


「1975年の日本デビュー以来、日本ではオペラと交響曲の指揮を150回以上してきました。日本のお客様は、極めて教養が高く文化への理解が深いと思います。今回シカゴ交響楽団と共に日本公演を行いますが、2カ国間の魂と精神をさらに結びつける素晴らしい、刺激に満ちた経験をして頂きたいです」と リッカルド・ムーティ氏。


今回の来日公演プログラムは1月18日にベートーベンの交響曲第5番「運命」とマーラーの交響曲第1番「巨人」、1月19日にプロコフィエフ の古典交響曲とヒンデミットの 弦楽と金管のための協奏曲、そしてチャイコフスキーの交響曲第4番が予定されています。両日とも公演後、ムーティ氏のCDサイン会が行われます。

1975年に初来日公演以来、ムーティ氏はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ミラノ・スカラ座、フィルハーモニー管弦楽団など各オーケストラと来日。さらにミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ローマ・オペラ座と共にオペラ公演で日本ツアーを行ってきました。また同氏は、パシフィック・ミュージック・フェスティバルおよび 東京・春・音楽祭でもオーケストラ指揮者を務めました。

一方、CSOは1891年に創設され、その当初から国内外において驚くべきツアーの歴史を持っています。1892年の初のカナダーツアー以来、5つの大陸、合計29カ国において58回のコンサートツアー を行ってきました。5つの大陸、合計29カ国において58回のコンサートツアー を行ってきました。日本デビューは1977年で、それ以来6回の来日公演を果たし、今回の東京公演は2009年以来となります。

ツアー期間中、オーケストラの公演に加え、CSOの演奏者たちは、学生へのマスタークラスや、室内楽のコンサートを行う予定です。

そして、こうしたCSOのグローバルな活躍を支えているのが、グローバルスポンサーのバンク・オブ・アメリカです。

東京公演日程
会場:東京文化会館

2016年1月18日(月)7:00p.m.
【予定される曲目】
ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調「運命」 op.67
マーラー:交響曲 第1番 ニ長調「巨人」

2016年1月19日(火)7:00p.m.
【予定される曲目】
プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調「古典的交響曲」 op.25
ヒンデミット:弦楽と金管のための協奏音楽 op.50
チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 op.36

※出演団体の都合により曲目が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. シカゴ交響楽団
  4. >
  5. リッカルド・ムーティ指揮 シカゴ交響楽団2016年1月来日!