「低炭素杯2016」最終審査にて、KDDIの活動紹介動画の制作にプロキッズが協力

 株式会社プロキッズ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:原 正幸、以下 プロキッズ)は、環境省、文部科学省後援「低炭素杯 2016(※1)」にファイナリストとして出場したKDDI株式会社 CSR・環境推進室の環境活動紹介動画の制作に協力しました。
 本コンテストの最終審査は、2016年2月16日(火)実施され、動画を活用することにより、
KDDIの使用済み携帯電話の回収から、環境に配慮した手分解、リサイクル活動にいたるまで、一連の「循環型社会の実現」を、会場の皆さまにわかりやすく伝えることができました。
 また、撮影時には、KDDIが提供するスマートフォンやタブレットを使用し、通信事業者ならではの動画が制作できました。
 
 プロキッズは子供の可能性を広げる会社として、次世代に向けたよりよい社会を目指すと共に、今後もKDDIの環境への取組を応援させていただきます。

■最終審査での映像(抜粋)
1)auショップでの使用済み携帯電話の回収

  ↓

2)KDDIチャレンジドにて回収した携帯電話を環境に配慮し、一つ一つ丁寧に手作業で分解

  ↓

3)分解された部品を新たな製品に再生

 

※1 「低炭素杯」は、環境省、文部科学省等が後援となり、次世代に向けた低炭素社会の構築を目指し、全国の地球温暖化防止に関する活動の表彰を通じて、優れた取組のノウハウや情報を共有し、さらなる活動へ連携や意欲を創出するしくみを目指しています。
(詳細: http://www.zenkoku-net.org/teitansohai/ )
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社プロキッズ
  4. >
  5. 「低炭素杯2016」最終審査にて、KDDIの活動紹介動画の制作にプロキッズが協力