FinTechの導入を図る金融機関の支援強化ならびにFinTech分野で事業を展開するベンチャー企業支援で、IBM FinTechプログラムと連携

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)は、FinTechの導入を図る金融機関の支援強化及びFinTech分野で事業を展開するベンチャー企業の支援で、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)が提供する「IBM FinTechプログラム」と連携することとなりましたので、お知らせいたします。
SBIインベストメントは、2015年12月22日付のリリースの通り、金融機関やFinTechに関連する事業会社を主な出資者とする「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合)を設立し、 FinTech事業領域の有望なベンチャー企業への投資を行うと同時に、出資者と投資先企業によるオープンイノベーションの支援を通じて、出資者によるFinTechの導入・活用の推進ならびに投資先企業のバリューアップを実施しております。

「IBM FinTechプログラム」は、IBMのグローバル・ネットワークによって世界的レベルでFinTechの動向を捉え、日本での革新的なFinTechサービスの導入を推進しています。本プログラムでは、クラウド上でアプリケーションを開発し、稼働するためのクラウド・サービスである「IBM® Bluemix」を活用して、FinTech企業と連携しながら次世代の金融ソリューションの開発を担っています。また、金融機関向けには、IBMのFinTechデザイン・ラボ等を通じたモバイルアプリの実証実験や迅速な開発に加えて、金融機関のシステムのオープンAPI化の支援等、今後のFinTechサービスの実用化と普及に向けた積極的な取り組みを行っています。
 
今後SBIインベストメントは、日本IBMの「IBM FinTechプログラム」と連携することで、金融機関によるFinTech導入の低コスト化・セキュリティ強化による金融システムの安定性向上を図り、FinTechファンド出資者のFinTech導入支援ならびに投資先企業へのバリューアップ活動をより強固なものとすることで、FinTech分野におけるオープンイノベーションの促進、FinTechを活用した金融ビジネスの高度化に貢献して参ります。
 

(ご参考)IBM FinTechプログラムについて

http://www.ibm.com/industries/jp/ja/banking/fintech.html


以上

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBIインベストメント株式会社
  4. >
  5. FinTechの導入を図る金融機関の支援強化ならびにFinTech分野で事業を展開するベンチャー企業支援で、IBM FinTechプログラムと連携