ラストマイルワークス、大規模コンドミニアム開発にVRを試験導入開始

ヴァーチャルモデルルームなど、VRによる総合的なソリューションを提供

ラストマイルワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林雄)は、2016年12月1日(木)より、カンボジアの日系大規模開発Bodaiju Residenceの販売、マーケティングツールとしてVRの試験導入を開始した。12月1日-3日Cambodia Construction Industry Expo 2016に出展予定。

 

 


住宅関連業界向けVR事業を展開するラストマイルワークス株式会社は12月1日、
日系不動産投資会社のクリード・グループがカンボジアにておこなう大規模開発Bodaiju Residenceにおいて、
VRによる販売、マーケティングツールの試験導入を開始した。

本コンテンツ内にはフルCGで制作された物件を最新のVR機器Oculus Riftを使って内覧できるものや、
コンドミニアムの周辺環境をパノラマ画像を利用して説明するものなどがある。
これにより、海外など遠方にいる潜在顧客へのアプローチや、物件内覧におけるコストの削減が期待できる。

本コンテンツを利用した第1回体験会として12月の1日から3日までプノンペンにておこなわれる、
東南アジア向けの博覧会Cambodia Construction Industry Expo 2016にて来場者に提供予定。
同社では今後も定量的なVR体験データを取得していくことで、サービスの向上につなげていくという。

 

<会社概要>
会社名:ラストマイルワークス株式会社
代表者:代表取締役 小林雄
設立:平成28年11月1日
資本金:1,200万円
事業内容:
不動産関連業界向けVRサービスteriorの運営
住宅関連デジタルアウトソーシング事業
コンシューマー向けVR機器を利用した不動産・建築関連VR研究開発
所在地:東京都新宿区新宿2-11-2 カーサヴェルデ4F
URL:http://lastmile-works.com/jp/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/lastmilers/

 

<住宅関連業界向けVRサービス terior>

http://terior.jp/
不動産、建築、リフォーム・リノベーションなど住宅関連業界に特化したヴァーチャルリアリティサービス。
リフォーム・リノベーション後の空間をヴァーチャル上に再現し、改修後の空間を仮想体験できるコンテンツや、
建設前の物件の内覧などお客様のニーズに合わせた最適なサービスを提供。

 

<Bodaiju Residence>

http://bodaiju-residences.com/?lang=jp
不動産投資開発会社クリード・グループによる日系初のカンボジア大型開発プロジェクト。
900戸超の大規模コンドミニアムです。2016年2月に開催されたカンボジア・プロパティ・アワードにおいて、
BEST CONDO DEVELOPMENT(GREATER PHNOM PENH)部門優勝。60㎡台(1ベッドルーム)が100,000ドル台から販売中。

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ラストマイルワークス株式会社
  4. >
  5. ラストマイルワークス、大規模コンドミニアム開発にVRを試験導入開始