米フィッシュ・ファミリー財団、世界を変える女性が集う初の会合「JWLI 2016 東京サミット」を開催

倉石真理グローバル・ギビング共同創業者、アイリーン・ヒラノ・イノウエ 米日カウンシル会長、桑名由美 グローバル・シチズンズ・イニシアチブ 代表、松島由佳クロスフィールズ共同創業者 他が講演

フィッシュ・ファミリー財団(本部: 米国ボストン、創設者:ラリー・フィッシュ、厚子・東光・フィッシュ)は、財団が創設したプログラムJWLI (The Japanese Women’s Leadership Initiative)が今年で10周年を迎えることを記念して2016年10月18日に「JWLI 2016 東京サミット(以下JWLI 2016)」を開催しました。のべ300人の国際色豊かな参加者が集まり、女性の活躍がいかにソーシャルセクターにおいて貢献し変革を起こしていけるのか議論を深めました。

この会合では、グローバル・ギビング(Global Giving)創設者・理事長で、米フォーリン・ポリシー誌が選ぶグローバル思想家トップ100人に選ばれた倉石真理氏が「世界規模で社会変革をリードする女性リーダー」をテーマに基調講演を行ったのち、「女性がリードする米国と日本の社会変革」と題した全体パネルが行われました。日米のどちらの社会においても、文化、人種、性別を超えて、様々な違いをもった人々が集い、対話を通して信頼を築き、チームで取り組むことで、起業や課題解決を可能にし、サステイナブルな組織運営が実現できることを語り合いました。会場からは支援金配分審査の際にいかに理性的に判断を行うか、また、日本において、女性がロールモデルを見つけ、情報交換のネットワークを拡げるにはどうしたらいいかなど、実際に直面している問題に関する質問が寄せられ、パネリストから実体験に基づいた示唆に富んだ回答が提示されました。

午後からは数多くの非営利セクターによる社会変革の最前線で活動するスピーカーが登壇し、4つのグループに分かれてパネルディスカッションを行いました。米国におけるソーシャルセクターの現状や日本社会におけるダイバーシティ、こどもの貧困、東北復興活動などを含む幅広いテーマで女性のリーダーシップがもたらす社会変革について議論しました。

JWLIの創設者の厚子・東光・フィッシュは、次のように述べました。「社会貢献分野は有能な日本の女性たちが開拓できる大きな成長分野です。本日ここでの議論をきっかけに、皆様がどのような貢献が出来るかを考える助けになり、将来、力を合わせて、イノベーションをもたらすことができればより良い日本の構築に貢献できるでしょう。より多くの日本人女性たちに、官、民、そしてNPOが一体となれるよう、新しい形の社会の担い手となっていただき、その役割をはたしていただきたいと思います。JWLIを通して、私たちの財団が少しでも力になれれば嬉しく思います。」また、JWLIの活動が新しいフェーズに入ったと述べ、新たに「チャンピオン・オブ・チェンジ」アワードの立ち上げを発表しました。

これまでにJWLIプログラムを通して、約40人の日本人女性がボストンの様々な非営利団体およびシモンズ大学で、財務、資金調達、プログラム運営、評価等について全米から集まった女性リーダーとともに学び、帰国後は世界に活躍の場を拡大しています。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. The Fish Family Foundation
  4. >
  5. 米フィッシュ・ファミリー財団、世界を変える女性が集う初の会合「JWLI 2016 東京サミット」を開催