助成金に加えて、団体の取材や広報もついてくる!?平成29年度の次世代育成支援活動への助成金の募集を開始しました!

★★ 九州のみらいを担う子どもたちに ★★ 九電みらい財団「平成29年度次世代育成支援活動への助成」の募集開始について

九電みらい財団では、少子高齢化や共働き世帯の増加、地域のつながりの希薄化などにより、子どもたちの育成環境が大きく変化する中、九州の未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援するため、九州各地で次世代育成支援活動に取り組まれている諸団体に対する助成事業を実施しています。(1件あたりの上限100万円とし、総額1,400万円程度)

この度、平成29年度に実施する活動を対象に、募集を開始しましたのでお知らせします。

※ 九電みらい財団は、九州地域の未来に広く貢献するため、「環境活動」と「次世代育成支援活動」を行う財団として九州電力(株)により本年5月に設立された一般財団法人です

▼本件に関するホームページ
http://www.kyuden-mirai.or.jp/support/2017/boshu.html


九電みらい財団は、九州地域の未来に広く貢献するため、「環境活動」と「次世代育成支援活動」を行う財団として九州電力(株)により本年5月に設立された一般財団法人です。
本財団では、少子高齢化や共働き世帯の増加、地域のつながりの希薄化などにより、子どもたちの育成環境が大きく変化する中、九州の未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援するため、九州各地で次世代育成支援活動に取り組まれている諸団体に対する助成事業を実施しています。
平成28年度の助成事業につきましては、ご応募いただいた67団体のうち20団体に助成しました。

この度、平成29年度に実施する活動を対象に、以下のとおり募集を開始しましたのでお知らせします。

1 助成の対象となる活動
九州地域において、非営利団体が取り組む、子どもたちの健全育成や子育て世帯の支援を目的とした、以下のような活動(活動期間が、平成29年4月1日~平成30年3月31日のものに限る)
『子どもたちへの支援活動』
体験を通じて、子どもの社会性や協調性、規範意識などを育むこと、及び九州地域を大切にする子どもの育成を目的とした活動
ー活動事例ー
・地域の方から歴史や文化を学び、地域の方とともに伝統芸能や伝統工芸を体験する活動
・九州の農林漁業の大切さや仕組みを学ぶ活動
・地域の多様な世代とのもの作り体験を通して、世代間交流を体験する活      など
『子育て世帯への支援活動』
共働き世帯や非正規雇用の増加、地域のつながりの希薄化など、子育て世帯を取り巻く厳しい状況を緩和することを目的とした活動
ー活動事例ー
・経済的困難を抱える世帯の児童への学習支援
・育児に悩む子育て世帯への支援活動
・親に対する子どもの健全な食生活への支援活動    など

2 助成の対象となる団体
九州地域で1年以上にわたり継続的に活動している非営利団体(法人格の有無は不問)
・特定非営利活動法人や財団法人、社団法人等の非営利活動を行う法人
・ボランティアサークルなどの社会貢献活動を行う任意団体(会員数5名以上で規約や会員名簿が整理されていること)

3 募集期間
平成28年12月1日(木)~平成29年1月15日(日)
※選考結果の決定・発表は3月末目途

4 助成件数、金額
選考委員会による選考を通過した20件程度の活動に対し、1件名あたり100万円を上限に助成(助成金総額は1,400万円程度)

5 その他
助成金による活動時に、ライターやカメラマン等を派遣し、取材させていただきます。
取材結果は本財団のホームページに掲載し、助成団体による活動を広くPRします。

▼詳細はコチラからご確認ください
http://www.kyuden-mirai.or.jp/support/2017/boshu.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般財団法人 九電みらい財団
  4. >
  5. 助成金に加えて、団体の取材や広報もついてくる!?平成29年度の次世代育成支援活動への助成金の募集を開始しました!