株式会社トラスト化学及び日本磁気加圧協会に対する訴訟の提起に関するお知らせ

KAATSU JAPAN株式会社(代表者:佐藤義昭)は、本日付で、株式会社トラスト化学(代表者:川上哲洋、所在地:大阪市中央区博労町一丁目9番12号)及び日本磁気加圧協会(理事長:川上哲洋、所在地:大阪市中央区博労町一丁目9番12号)(以下、同社及び同協会を総称して、「トラスト化学ら」といいます。)に対し、下記のとおり、違法行為の差止め、謝罪広告、損害賠償等を求める訴訟を、東京地方裁判所に提起いたしましたので、その概要について報告いたします。



1.訴訟の提起に至った経緯

 ご承知のとおり、「加圧トレーニング」は、当社の最高経営責任者であり、医学博士である佐藤義昭先生(以下「佐藤先生」といいます。)の発明に係る画期的なトレーニング方法であり、佐藤先生の指揮の下、当社は、「加圧トレーニング」に関して様々な知的財産権を含む様々な権利及び利益を保有するとともに、その事業の維持・発展に努めております。

 今般、当社の調査により、トラスト化学らが、ウェブサイトやイベントなどを通じ、「MVP加圧ベルト」等と称する商品の販売や、当該商品を使用した「磁気加圧」等と称する健康法の指導や資格付与に関するサービスの提供、当該健康法に関する講習会の開催等の事業を行っていることや、これらの事業を行うに当たって当社の「加圧トレーニング」の表示等を使用した広告宣伝物を用いていることなどを把握いたしました。
 当社は、かかるトラスト化学らの行為が、不正競争行為等に該当する当社の権利利益を侵害する行為であると判断して、かかる行為の即刻中止を求めるため、上記の訴訟の提起を決意いたしました。

2.今後の見通し等

 トラスト化学らの上述の行為については、これまで「加圧トレーニング」のインストラクター資格者を始めとする関係者の方から、これが当社の「加圧トレーニング」に悪影響を与え、信用を危うくするものではないかとのご指摘を頂いてまいりました。当社といたしましては、その対応を慎重に検討してまいりました結果、今回の訴訟提起に踏み切ることといたしました。
 当社は今後とも、正しい「加圧トレーニング」の普及を継続し、インストラクター資格者の皆様、顧客の皆様、その他関係者の方々が正しい「加圧トレーニング」を理解され、これを安心して実行頂けますよう努めてまいりますとともに、「加圧トレーニング」に関する権利及び利益の侵害に対しては、法的措置を含め、断固たる対応を採っていく所存でありますので、皆様のご理解とご支援のほど、お願い申し上げます。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. KAATSU JAPAN株式会社
  4. >
  5. 株式会社トラスト化学及び日本磁気加圧協会に対する訴訟の提起に関するお知らせ