サトー、リアルタイムで1000個以上の在庫アイテムをリモート管理できるスマートキャビネット「キャビレオTM」を新発売

 自動認識ソリューションを手掛けるサトーグループは、独自のRFID技術であるPJM(※)を活用した、高速、高精度の読み取り機能を持つスマートキャビネット「キャビレオTM」を開発致しました。2015年6月より、サトーヘルスケア株式会社を中心とした国内のサトーグループ会社で販売を開始致します。

 キャビレオは、3Dスキャンにより、リアルタイムで1000個以上のICタグを100%正確に読み取ることができるリモート機能付きのキャビネットで、さまざまな品物の在庫管理や期限管理、リコール時の対象品除去の高速化、正確化を実現します。
 多言語の音声ガイダンス機能が付き、タグに書き込んだ消費期限情報を読み取ることで、期限が短い順から商品を使用できるよう音声で励行し、期限切れによる品物廃棄の削減につなげます。
 正面のタッチスクリーンは、操作手順、品名や数量の表示をはじめ、お客さまのご要望に応じたカスタマイズが可能です。

 PJMは、読み取りスピードの速さと正確性に加え、一般的にRFIDの弱点とされる「重ね読み」「金属」「水」の影響に強い特性を持っています。これらの特性を活かし、キャビレオは以下の用途を見込んでいます。

スマートキャビネット「キャビレオ」 (高さ180cm×幅71cm×奥行き51cm )





















------------
ヘルスケア
------------
・  医療用整形インプラントの在庫管理
・  劇薬・向精神薬の管理
・  高価格な医薬品の管理特許申請前の新規化合物の管理

-------
その他
-------
・  ダイヤモンド、高額商品の在庫管理重要書類
・機密書類の管理

 従来の管理は、人の手による確認や商品のバーコードを一つひとつスキャナで読み込む作業を行っており、ヒューマンエラー発生のリスクや膨大な手間を要していました。キャビレオはこれらの課題を解決し、お客さまの現場の正確性・効率性の向上と安心に貢献致します。

                                               以上
(※)PJM=Phase Jitter Modulation

 
<参考資料>
-----------------------
キャビレオの主な特徴
-----------------------
・  音声ガイダンス機能により、先入れ先出しを音声でお知らせします。
・  Internet of Things(IoT)を実現、リモートで在庫管理が可能です。
・  「いつ、誰が、どの在庫を」を記録、リアルタイムで確認可能です。
・  自動ロック、生体認証(カスタマイズ)により、高セキュリティを実現します。
・  ICタグの「重ね読み」が可能、商品の置き方を制限しません。多言語対応です。

 

キャビレオロゴマーク

====================
サトーヘルスケア株式会社 概要
====================
設立  :2014年4月1日
所在地 :東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
代表者 :小沼 宏行
事業内容:医療分野におけるソリューションの企画・提案ならびにプリンタ等ハードウェア製品およびサプライ製品の販売

========================
サトーホールディングス株式会社 概要
========================
創業  :1940年 (設立:1951年)
所在地 :東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金 :84億円(2015年3月31日現在)
代表者 :代表取締役執行役員社長兼CEO 松山 一雄
年商  :連結998億円 (2015年3月期)
従業員数:連結4,719名名 (2015年3月31日現在)
グループ事業内容 :
バーコード、2次元コード、RFIDなどを利用した自動認識システムの提案と、ハードウェア、ソフトウェア、及びサプライ製品の開発、製造、販売。シール・ラベルのデザイン、製造、販売。

サトーグループ公式ウェブサイト:http://www.sato.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. サトーホールディングス株式会社
  4. >
  5. サトー、リアルタイムで1000個以上の在庫アイテムをリモート管理できるスマートキャビネット「キャビレオTM」を新発売