インドネシア初の無料小学生新聞「Surat Dari Bumi」にて「ポケモン」コラボレーションコーナー掲載開始!

株式会社トキオ・ゲッツ(代表取締役:原浩平)とPT. TG Komunikasi Nusantara(インドネシア、ジャカルタ)(※1)は、インドネシアにて展開する無料小学生新聞「Surat Dari Bumi」(地球からの手紙)5月号より、ポケモンコラボレーションコーナーの掲載を開始します。

インドネシアの小学生に配布する小学生新聞「Surat Dari Bumi」では、2014年5月号より、世界中の子どもたちに人気を誇る「ポケットモンスター」とコラボレーションした記事の掲載を開始します。コラボレーション記事の内容は、世界中で放映されているアニメ「ポケットモンスター」の世界観を参考に、「ポケモン・世界が友だち」と題し、世界の国や文化が学べる構成。世界的な人気キャラクターであるポケモンとのコラボレーション記事を掲載することで、インドネシアの子どもたちに、新聞により親しみを持ってもらうことを目指しています。

(株)トキオ・ゲッツは、今後も人気キャラクターとのコラボレーションや、日本が誇る多様な教育コンテンツを活用し、子どもたちにより親しみやすい紙面を作ることで、アジアでの小学生新聞文化の定着を目指していきます。

(※1)PT. TG Komunikasi Nusantara:(株)トキオ・ゲッツがコンサルティングするインドネシア現地法人

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon



■インドネシア小学生新聞「Surat Dari Bumi」とは?

(株)トキオ・ゲッツ企画、PT. TG Komunikasi Nusantara発行のもと、インドネシアで配布するインドネシア初の無料小学生新聞です。富裕層の児童が通う私立小学校を中心に、正式な配布認可を得た独自の学校ネットワーク(ジャカルタ近郊・1300校)を構築し、「インドネシアの小学生に直接リーチできる唯一の紙メディア」として2013年11月に創刊しました。

科学・文化記事を中心とした構成で、日本が得意とする子供向け教育コンテンツをうまく活用し日本で編集、それらを現地に受け入れられやすい内容にローカライズしています。紙面への広告掲載、学校ネットワークを活用したマーケティングリサーチなどを通して、アジア子ども市場へ進出を考える企業様にご活用頂ける媒体です。


【Surat Dari Bumi概要】
■媒体名:Surat Dari Bumi(=地球からの手紙)
■規格:タブロイド版(27 x 38 cm)フルカラー全4ページ
■購読料:無料
■発行元:PT.TG Komunikasi Nusanara
■部数:18万部(2014年5月発行現在)現在第6号/毎月発行
■言語:インドネシア語+英語
■配布学校:ジャカルタ近郊の私立を中心とした小学校約1300校
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社トキオ・ゲッツ
  4. >
  5. インドネシア初の無料小学生新聞「Surat Dari Bumi」にて「ポケモン」コラボレーションコーナー掲載開始!