ITIPがグローバル知財コストマネジメント・カンファレンスを予定

Xerox、インテル、ボルグ・ワーナーなど知財のトップリーダー達がIPコスト・マネジメントについてディスカッション

知的財産コストマネジメントのITIPは今年6月に米国ミシガン州にて、グローバルIPコストマネジメントカンファレンスを開催することを発表。
ITIP ProFiciency, LLC (アイティアイピー プロフィシェンシー社 以下"ITIP") は、Fortune® 500企業に知的財産のコストマネジメントや海外特許出願業務を提供し、知財業界をリードする企業であるが、特許コストマネジメントに特化したグローバルIPコストマネジメントカンファレンスを今年6月に開催することを発表した。

このITIPのカンファレンスは6月1日より3日間が予定されておりミシガン州ポート・ヒューロン市で開催される。
カンファレンスのプレゼン及びディスカッション・フォーラムはグローバル企業であるUSG Corp、キンバリー・クラーク、インテル、Xerox等。

「効率性を高め、尚且つコストを削減できるITIPのプラットフォームは、欧米、アジアの大企業知財部からの評価が高い。多くの企業がすでにITIPのソリューションを取り入れ多大なIPコスト削減を実現している。」とITIPの国際開発ディレクターの中嶋孝治<なかしま たかはる>は言う。「このカンファレンスは知財のベスト・プラクティスなどの情報交換しベストをベター(より良く)にしたい、と弊社のお客様より申し出があったからこそ実現できるのです。ITIPのソリューションはPCT出願トップ25社の5社などがすでに採用しているが、クライアント側からのこのようなイニシアチブは非常に嬉しく受け止めている。」

設立2005年以来、ITIPの独自開発されたプラットフォームと知財のエキスパートチームは、海外特許のライフサイクル全体で見られる代理人からの非効率的、不必要、且つ過度な請求内容の削減に成功している。 ITIPが提供する海外特許出願プラットフォームのコスト削減実績は革新的な数値を出している ― 海外特許出願コストのみでも平均実質30%~60%を削減可能だ。 また、 実質的な削減額を提供するために、海外特許出願後の代理人のコスト内容の分析、監査、管理を行う点は他のLPO(リーガル・プロセス・アウトソーシング)業者には見られない。

ITIPソリューションに関してはITIPのHP(www.itip.com)をご参照下さい。(日本語ページあり)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ITIP ProFiciency,LLC
  4. >
  5. ITIPがグローバル知財コストマネジメント・カンファレンスを予定