東北復興ブランドから「フラダンサーのためのiPhone ケース」発売

~家族の写真や歌詞カードなど簡単に着せ替えが可能~

一般社団法人東北マハロファクトリー(福島県郡山市、代表:坂井弘美)は本日、東北復興ブランド「キラ・ウエア」から、「フラダンサーのためのiPhoneケース」を、販売開始することを発表しました。キラ・ウエアは、東日本大震災で津波の被害を受けた石巻・相馬・陸前高田の縫製工場や工房が共同で昨年9月に立ち上げたブランドで、フラの衣装やハワイをテーマにした雑貨などをインターネットで販売しています。(http://kilawear.com
main image
今回発表のiPhoneケースは、iPhone5と5Sに対応しています。外側は透明なTPU素材で、内側に敷いたポリカーボネートの板との間にハワイアンファブリックを挟み、生地の美しい柄を楽しめるようにしています。主な特徴は次の4つです。

1) TPU(熱可塑性ポリウレタン)はプラスチックのように細かい傷がつきにくく、またシリコンのようにソフトで、 置いた時に不快な音がしません。グリップも良いため、練習中に自分たちの動画を撮ることの多いフラダンサーに向いています。

2) ハワイアンファブリックを使っているため、カットした部分によって柄が異なり、ほとんどが一点物です。

3) 着せ替えが容易で、布の替わりに家族やペットの写真、お気に入りのイラストなどを入れて楽しむことができます。また、フラダンサーは難しいハワイ語のカヘア(かけ声)や、チャント(祈りの言葉)を暗記する必要があり、それらを入れておけば、いつでも見ることができます。

4) フラガール型のイヤホンジャック付き。

「フラダンサーのためのiPhoneケース」の価格は、消費税込みで2700円です。Yahoo!ショッピングのサイト(http://store.shopping.yahoo.co.jp/kilaware/)で購入いただけます。キラ・ウエアでは今後、iPadカバーや、今年の夏にはiPhone6に対応したケースも販売する予定です。

本商品について、東北マハロファクトリー代表理事の坂井弘美は次のように述べています。

「ハワイアンファブリックは色が鮮やかで美しく、着る人だけでなく、被災地の作り手の心も明るくしてくれます。これまで、フラの衣装を作った後のハギレが勿体ないと思っていました。また、応援してくださる個人の方やショップ様から、生地を寄付していただくこともあり、それらを使って新しい商品を作ってみようと考えました。このiPhoneケースは、フラダンサー以外の方にも、もちろんお使いいただけます。自分で簡単に着せ替えできるケースというのはあまり見かけませんので、その日の服装に合わせてコーディネートするなど、色々楽しんでいただけると嬉しいです。震災から3年経ち、被災地ブランドというだけでは、なかなか商品が売れない時期にきています。多くの方に望まれる商品を開発・ご提供しながら、東北での仕事の創出と雇用促進に一層努めてまいります。」

■東北マハロファクトリーについて
一般社団法人東北マハロファクトリーは、2013年3月に、日本興亜・東北『社会起業家』応援ファンドの支援を受けて設立されました。被災地の雇用促進を主たる目的とし、ビジネスマン有志により構成されています。マハロとは、ハワイの言葉で感謝、ありがとうという意味があります。東北発ハワイブランド「キラ・ウエア」http://kilawear.com の企画、広報、事務局として活動しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般社団法人 東北マハロファクトリー
  4. >
  5. 東北復興ブランドから「フラダンサーのためのiPhone ケース」発売