声優の池田秀一さんとSEAMOさんが登場!SANKYO『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』新型機種発表展示会開催!

~『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』は3月上旬から順次導入予定~

株式会社SANKYO (本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:筒井公久)は、1月16日(金)に『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』の新型機種発表展示会を東京ドームプリズムホールにて開催いたしました。

 
『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』はロボットアニメの金字塔として語り継がれる名作「機動戦士ガンダム」とのコラボレーションマシンの第2弾で、TVアニメ版「機動戦士ガンダム」の世界をパチンコで完全再現しています。本機から新枠「Fortune」(フォーチュン)を採用すると共に、盤面には重厚感溢れる様々な役物を搭載、光やサウンドエフェクトとの相乗効果で前作を凌駕する演出とゲーム性を創造しました。また、映像制作においては、前作同様株式会社バンダイナムコゲームスの協力を受け、SANKYOとガンダム制作のプロフェッショナルチームが作り上げたCG映像は、国民的コンテンツが持つ、圧倒的なポテンシャルを最大限に引き出すクオリティを誇ります。3月上旬から全国のパチンコパーラーに順次導入予定です。


本日の発表展示会には、シャア・アズナブル役の声優・池田秀一さんと、この新機種で流れる搭載曲を歌うSEAMOさんとが登場し、楽曲制作に関するエピソードや、『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』に関して熱く語っていただきました。

 

 

(上)左からSEAMOさん、池田秀一さん、富山常務、東郷常務、關課長
(中)池田秀一さんトークショー
(下)SEAMOさんトークショー
 



【トークショー内容】(抜粋)
―池田秀一さん


(MC)『フィーバー機動戦士ガンダム』も第二弾ということで、前作が大ヒットしましたので今回の『フィーバー機動戦士ガンダム -Ⅴ作戦発動-』も楽しみですね。

(池田さん)
2年間待ちに待っていました。前作から一段と進化しています。セリフも新たに入れ直したので楽しみです。一人でも多くの人に体感してもらいたいです。SANKYOは本気ですとおっしゃっていましたが、僕ら声優陣も本気です。

(MC)池田さん、実際に『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』を試打されていかがでしたか? 

(池田さん)
青の連邦軍デザインと赤のジオン軍デザインの実機を試打したんですが、2万発も出しました。ジオン軍モードもいいですが、たまには連邦軍モードも懐かしいからやってみようかなと思います。当たらなければどうということはないですが、僕としては困りますね。



―SEAMOさん

(MC)「翔べ!ガンダム」と、青山テルマさんとコラボレーションした「めぐりあい」「ビギニング」の音楽を担当されたそうですが、いかがでしたか?

(SEAMOさん)ラッパーなので得意のラップを入れさせてもらいましたが、歌詞の部分で、「ガンダム」シリーズの“生みの親”の富野由悠季先生に何度もダメ出しをされました。世界観をすり合わせるのが難しかったですが、最終的にとてもいい曲に仕上がったと思います。青山テルマさんとのコラボレーションもとても楽しかったです。彼女の色にうまく染め上げられていて、楽曲を自分のものにしているなと感心しました。デモを聞いた瞬間に「かっこいいな」とテンションが上がりました。

(MC)こだわった部分はどこですか?

(SEAMOさん)ガンダム世代で、ファンでもあるので、ただのカバーにしたくなかったです。原曲を超えたいと思って取り組みました。苦労はしましたが、幸せな時間でした。自信を持っておすすめできます。

(MC)素晴らしい共演だったようですね。実際に『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』を試打されていかがでしたか?

(SEAMOさん)新台が出る日には、ホールに並びに行くほどパチンコが好きなんです。やっと自分の曲を聴きながら、ホールで打てる時がきました。確変中に自分の手がけた曲が流れたので興奮しました。かっこよく使っていただけてうれしいです。地元のホールで「あいつ、自分で打って自分の曲かけてるよ」と噂になるぐらい打ちたいですね。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 SANKYO
  4. >
  5. 声優の池田秀一さんとSEAMOさんが登場!SANKYO『フィーバー機動戦士ガンダム –Ⅴ作戦発動-』新型機種発表展示会開催!