新生活に取り入れたい、イマドキ女子の新常識!仕事もプライベートも“はかどる”女子はガムを噛む!

~ガムなら恋までハカどーる~ 「合コン・街コン後、異性に誘われる」 : “噛む派”約47%、“噛まない派”約16%

モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:リアン・カッツ)は、ライフスタイルを見つめ直すきっかけとなる新生活シーズンに合わせて、ガムがライフスタイルに与える影響について探るため、20代~40代で仕事をしている男女計900名を対象に「ガムに関する調査」を行いました。

ガム市場のシェアは、2012年時点で2004年比70%まで減少(※)しているものの、「仕事中に手軽に出来る気分転換の方法として、普段していることは何ですか」と質問したところ、男女ともに約35%が「ガムを噛む」、約65%が「その他(キャンディ/タブレット/コーヒー/炭酸)」と回答。男性の方がガムを噛むイメージがあるかもしれませんが、女性も3人に1人は仕事を効率よく進めるアイテムとして、ガムを選んでいることがわかりました。

今回はその女性に注目し、気分転換にガムを“噛む派”と“噛まない派”で、ライフスタイルにどのような違いがあるのかを比較しています。さらに、合コンシェルジュの絵音さんに、ガムを噛む女性に見られる傾向と“モテ”についてお話を伺いました。調査結果の要旨は以下の通りです。

※出典:日本チューインガム協会


【調査結果】(女性:N=450)
①ガムを噛むと、『リア充』になる!?
■仕事の充実度(5点満点中4点以上の割合)《約15%差》
“噛む派”:約53% ⇔ “噛まない派”:約38%

■プライベートの充実度(5点満点中4点以上の割合)《約15%差》
“噛む派”:約60% ⇔ “噛まない派”:約45%

②恋まで“はかどる”秘訣はガムだった!?
■異性にモテる方だと思う《約15%差》
“噛む派”:約52% ⇔ “噛まない派”:約37%

■合コン・街コン後、異性に誘われる《約31%差》
“噛む派”:約47% ⇔ “噛まない派”:約16%


【調査概要】
■調査期間:2014年3月5日~3月6日
■対象:首都圏男女合計900名(条件:フルタイムで働いている/20代~40代の各年代300名)
■方法:インターネットによるアンケート回答方式(楽天リサーチ株式会社)


【①ガムを噛むと、『リア充』になる!?】
仕事中の気分転換にガムを“噛む派”と“噛まない派”で、仕事とプライベートそれぞれについての充実度を調べてみました。【図1・2】
その結果、仕事の充実度が高い女性(「5点」「4点」)の割合は、“噛む派”で約53%いるのに対し、“噛まない派”は約38%。プライベートでは、“噛む派”の約60%が高い充実度を感じているのに対し、“噛まない派”は約45%に留まりました。ガムを噛む習慣のある女性は、仕事もプライベートも順調にはかどり、毎日を楽しんでいる人が多いということが分かります。
また、仕事をスケジュール通りに進められますかという質問(【図3】)に対し、進められる(「いつも」「大抵」)と答えた女性は、“噛む派”が約57%、“噛まない派”は約47%で、ここでも10%もの差がつきました。ガムを噛むことで仕事を効率よく進められ、プライベートを楽しむ時間を作っているのかもしれません。

<合コンシェルジュ 絵音さんのコメント>
仕事をテキパキとこなせる“噛む派”の女性は、きっと振る舞いも明るく、職場での好感度も高いことでしょう。仕事が順調だと、自信もついてイキイキと輝くので、男性が放っておくはずがありませんよね!男性の仕事の話も聞いてあげられる、聞き上手な方も多いのでは?ガムを噛む習慣は、恋愛まで充実させること間違いなしです。

--絵音(えのん)さん プロフィール--
タレント/合コンシェルジュ、一般社団法人 日本合コン協会 会長(代表理事)、株式会社ビックリボン 代表取締役
合コンを活性化することで、未婚率上昇や少子化の食い止めに貢献する活動を実施。この事業は東京都からも認可を受けている。


【②恋まで“はかどる”秘訣はガムだった!?】
オンオフを切り替えられる女性は好きですかという質問に対して、約94%の男性は「はい」と回答しています。【図4】仕事をスケジュール通り進められ、プライベートも楽しめる人が多いという結果の出た“噛む派”の女性は、まさにオンオフを切り替えられる女性。異性に好かれる傾向にあると言えるでしょう。
この傾向は、図5・6からも読み取れます。同年代の友人と比べて異性にモテる方だと思う(「モテる」「どちらかと言えばモテる」「人からモテると言われたことがある」)と答えた人は、“噛む派”が約52%、“噛まない派”は約37%という結果になりました。また、合コン・街コンで出会った後、異性に誘われる頻度が高い(「毎回ある」「よくある」)という人は、“噛む派”が約47%、“噛まない派”が約16%と、大きな差がつきました。
これらの結果から、ガムを“噛む派”の女性は仕事もプライベートも楽しむことができ、その様子が異性からも魅力的に映ることから、恋まではかどる=モテる女性が多いということが言えそうです。

<合コンシェルジュ 絵音さんのコメント>
新しい出会いを引き寄せるには、なにより行動力が大切です。仕事とプライベートのオンオフが切り替えられる“噛む派”の女性は、合コンや街コンなどにも積極的に参加するアグレッシブさが見受けられます。また、気になる男性と話すキッカケがなかった場合に、「ガムいりませんか?」と配りにいくと、話のキッカケにもなるし気が利くアピールもできるので一石二鳥です!常にバックの中にガムを入れておくことが、モテる秘訣ですよ。


【モンデリーズ・ジャパン ガム製品紹介】
■製品名:リカルデント
■価格:オープン価格
むし歯の始まり※を抑制するCPP-ACPを配合。
丈夫で健康な歯をつくる特定保健用食品。※脱灰のこと。

■製品名:クロレッツXP
■価格:オープン価格
息キレイ、味長持ちのシュガーレスミントガム。

■製品名:ストライド
■価格:オープン価格
若年層がターゲット。味も心地良い噛みごこちも長続きする。


【モンデリーズ・ジャパン 「ガムならハカどーる」プロジェクト概要】
モンデリーズ・ジャパンが1月20日(月)よりスタートしたプロジェクト。ガムを噛むとすっきり気分転換ができ、忙しい日々も効率的に過ごせるといった、“ガム=はかどる”というメッセージを改めて世の中に発信することでガム市場のさらなる活性化を目指す。3月31日まで「ガムならハカどーる」キャンペーン実施中。

■特設サイトURL: http://gum-hakadoru.jp
■公開日: 2014年1月20日(月)
■ガム調査スペシャルサイトURL : http://gum-hakadoru.jp/survey/index.html

<キャンペーンソング、ミュージックビデオ概要>
本プロジェクトのキャンペーンソングを手掛けたのは、メンバー全員が歯科医師であるGReeeeN。新曲「ガム 噛む wonder come」は、YouTube限定解禁にも関わらず、現在動画再生回数176万回を突破。ミュージックビデオには、大ヒット商品「コップのフチ子」の生みの親であるタナカカツキさんによってデザインされた、粒ガムをモチーフにしたオリジナルキャラクター「ハカどーるズ」も登場する。

■アーティスト: GReeeeN
■楽曲名: 「ガム 噛む wonder come」
■配信日: 2014年1月20日(月)
■配信URL: http://www.youtube.com/watch?v=LzFVn-vqk78

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. モンデリーズ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 新生活に取り入れたい、イマドキ女子の新常識!仕事もプライベートも“はかどる”女子はガムを噛む!