ファナック ルクセンブルクに新欧州配送センター設立

シュナイダー副首相兼経済大臣が発表

FA・ロボット・ロボマシンの事業を手掛ける世界有数の企業であるファナック (欧州本部:ルクセンブルク、エヒテルナッハ市) は、ルクセンブルクに新しい欧州配送センターを設立することを発表しました。
ファナックは1982年以来ルクセンブルクで活動しています。
英文タイトル:Etienne Schneider announces the establishment of Fanuc’s new European distribution center in Luxembourg

※    当資料は、ルクセンブルク経済省が2015年12月10日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。内容につきましては原本である仏文が優先します。
詳細はオリジナル仏文をご参照ください。http://www.gouvernement.lu/5515664/10-schneider-fanuc?context=3422869


ファナックの欧州本部であるファナックヨーロッパコーポレーションは、現在ルクセンブルクで約220名を雇用しています。同社は、欧州各地の子会社を通じて多種多様なサービスを顧客に提供しています。ファナックグループでメンテナンスサービス、サプライチェーンマネジメント、スペアパーツ供給サービスなどに携わるスタッフはヨーロッパ全体で約1,200名になります。

2015年12月10日に開かれた記者会見で、ファナックヨーロッパコーポレーションは新たな欧州倉庫と配送センターをルクセンブルクに設立することを発表しました。コンターン市にある物流パーク「Eurohub Center」(「ユーロハブ・センター」:ルクセンブルク市と空港の近くに位置する) の敷地内に約20,000平方メートルの物流倉庫を確保する見込みです。5,000平方メートルを、最終顧客への出荷前のロボットの設定など、高付加価値物流活動専用とする予定です。
  
ファナックヨーロッパコーポレーション社長のオーラフ・ゲーレルス氏によると、同社はドイツのフラウンホーファー研究機構らと、グループにおける欧州配送センターの最適地候補の比較分析を行ってきました。ドイツのシュトゥットガルト、ポーランドのグダニスク、オランダのロッテルダムが候補に挙がりましたが、ファナックヨーロッパは最終的にルクセンブルクを選びました。ルクセンブルクの立地と優れたインフラ、そしてエヒテルナッハ市の同社欧州本部に近いという条件が、ルクセンブルクを推す決め手となりました。

エティエンヌ・シュナイダー副首相兼経済大臣は、ファナックヨーロッパの決定を歓迎し、過去数年間にわたり日本のロボット大手ファナックが自社の活動をルクセンブルクに統合するため大きく投資してきたことを強調しました。2014年10月にルクセンブルク政府の経済使節団が訪日し、ファナックの稲葉善治代表取締役社長と会合を行いました。ファナックヨーロッパによるルクセンブルクでの欧州配送センター設立の決定は、付加価値物流活動向けの欧州の国際ハブとしてのルクセンブルクの魅力を裏付けるものです。

ルクセンブルクでは、2013年以来、物流活動向けに約100,000平方メートルが開発され、すでに建設済みまたは間もなく完成する状態です。その中には例えば、CFL Multimodal(http://www.cfl.lu/espaces/fret/en)の中央倉庫、S.O.L.E.I.L.社が開発し企業に貸し出す倉庫の第一号となる米Ampacet(http://www.ampacet.com)向け倉庫、あるいはベッテンブルク・デュドランジュ地域にある物流パーク「Eurohub South」(「ユーロハブ・サウス」:貨物鉄道引き込み線のある物流パーク)のTransalliance(http://www.transalliance.com/fr)の物流センターなどがあります。これらのプロジェクトをまとめると、合計の投資額は約1億3,500万ユーロです。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ルクセンブルク貿易投資事務所
  4. >
  5. ファナック ルクセンブルクに新欧州配送センター設立