エンジニア特化型Q&Aフォーラム「teratail(テラテイル)」 正式リリース3日で会員登録数1000人突破。質問への回答率98%

http://teratail.com/

インターネットメディアを事業軸に、IT、医療、その他新規分野に事業を展開しているレバレジーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀)が運営する、エンジニア特化型のQ&Aフォーラム「teratail(テラテイル)」が2014年7月16日に正式リリースし、リリース後3日間で会員登録者数1000人を突破しました。登録者数は日々増えており、2000人に迫る勢いです。現在集まっている登録者の内訳(図1)を見ると、若い世代を中心に幅広いユーザの皆様にご利用いただいており、teratail上でコードを通して多様なエンジニアが交流しています。(Google Analytics調べ)

また、オープンから3週間が経過し、回答率(質問に対して回答がつく割合)が98%と、質問するとほとんどの質問に回答がついている状態です。質問してから、15分以内に回答が得られる質問もあり、スピーディなユーザの交流が行われています。 teratailが目指している「①WEB検索の結果、情報が見つからない→②困ったときにテラテイルで質問→③解答が得られ、問題が解決」という流れが確立されつつあります。teratailでは、そのような流れをエンジニアが行うことにより、質問と解答のログ情報が蓄積され、将来の日本のエンジニアにとっての財産となると考えます。レバレジーズは「teratail」によるプログラミングに関する質の高い情報の提供を通じて、日本のIT業界全体の発展に貢献することを目的に運営していきます。
今後の展開にぜひご期待ください。

    <図1 「teratail」 会員登録者の年齢分布>

     <「teratail」 質問一覧画面イメージ>

【「teratail」追加機能紹介】
■質問・回答後に、實門・回答内容を変更できるようになりました
今までは誤字・脱字や、マークダウン記法のミスなど、投稿後に気づいても直せない状態でした。そこで、自分の質問・回答を編集できる機能を追加することとしました。これにより、ユーザのみなさまが自分の投稿のミスを発見するとすぐに修正できるようになりました。また、teratailに投稿された質問や回答がより整形された形で残っていくことで、後からその投稿を見たユーザにとって、見やすい投稿となるため、投稿コンテンツの価値がエンジニアのみなさまにとって向上すると考えています。

【teratailに集まっている質問内容】
■WEB系を中心にツールや最新技術の話題まで
質問内容は、PHP、Ruby、Java、AndroidなどのWEBやネイティブアプリに関するものが多く見受けられますが、ソースコードの分散型管理システムのGitや仮想環境構築ツールであるVagrantなどのツール関係のものも見受けられます。さらにSwiftやPHPのフレームワークであるLaravelといった最新の技術に関する質問も集まってきている状態にあります。まだまだ、質問されるプログラミング言語にやや偏りはありますが、徐々にニッチな技術的な質問をするユーザも増えてきています。

【今後の展望】
■検索性の向上
「優良な投稿の発見」「ユーザ軸での質問や解答の追跡」など、ユーザが見つけたい情報や、価値の高い情報に対する検索性を向上させます。
■つながり機能の向上
あるエンジニアにピンポイントに回答依頼できる機能を検討中です。

<運営会社概要>
会社名: レバレジーズ株式会社
本社所在地: 〒150-0043東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、 メディカル事業、人材紹介事業
URL: http://leverages.jp/

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. レバレジーズ株式会社
  4. >
  5. エンジニア特化型Q&Aフォーラム「teratail(テラテイル)」 正式リリース3日で会員登録数1000人突破。質問への回答率98%