世界遺産登録15周年記念 紅葉の日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ 2014年10月25日(土)~11月15日(土) 午後5時~8時

 日光の紅葉の名所として、親しまれている日光山輪王寺の「逍遥園」。日中と朝晩の寒暖の差も増して、木の葉は日に日に色づき始めて参りました。
 今年は1999年12月2日に日光の社寺(日光東照宮・二荒山神社・日光山輪王寺)が世界文化遺産に登録されて15周年の記念年となります。環境に配慮したLEDライトを多用しつつ、昨年よりもライトアップエリアを拡大して、昨年の1.5倍のべ3万人の来場を見込んでいます。御来園頂いたお客様には随時、日光山と園内の歴史解説を無料で行います。皆さまの御来園をお待ちしております。

写真は過去のイメージ

【イベント開催概要】

場 所: 日光山輪王寺 「逍遥園(しょうようえん)」と本堂外壁
開催日: 2014年10月25日(土)~11月15日(土)
     26日(日)は、「逍遥園」×「光」×「音」の融合、
     ヴァイオリニスト末延麻裕子と、サウンドプロデューサー佐藤礼央の
     特別ライブを午後5時半/6時半/7時半から3回開催。
時 間: 10月中は午後5時~8時、11月は午後4時~8時(最終入園は午後7時30分)
入場料: 300円(保護者同伴の小中学生と未就学児は無料)、団体割引270円(20名以上の場合)
     期間中毎日随時、堂者引き(案内人)が、日光山と逍遥園の歴史解説を無料で行います。
※気象状況などにより、予定を変更する可能性があります。
※10月31日・11月1日・2日の3日間は駐車場有料

【逍遥園の紅葉について】
 輪王寺宝物殿に隣接、池泉回遊式の江戸初期から続き、明治天皇も訪れたという日本庭園「逍遥園」。
この逍遥園のもみじは、イロハもみじ、千染(ちしお)、瓜膚楓(うりはだかえで)、野村楓(のむらかえで)、ヤマモミヂ、一行院(いちぎょういん)、出猩々(でしょうじょう)など10種類以上、日光全山のもみじのコレクションを一園に会せしめたと言っても過言ではないほどです。

世界遺産登録15周年記念
紅葉の日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ
10月25日(土)~11月15日(土) 午後5時~8時
取材申込FAX:0288-54-0534
取材ご希望の方は、下記事項を明記の上お申し込み下さい。(別添の取材申込み用紙からもお申し込み可)
※紅葉シーズンの為、一般車で大変込み合っております。
 車でお越しの際は、事前申請をお願いします。

<取材申し込み事項>
・御社名/御媒体名
・御所属/御芳名
・人数
・電話番号
・撮影  無 ・ 有 (ムービー/スチール  台)
・その他の要望
(広報写真のご提供も可能です)


青枠内が逍遥園(左)と輪王寺駐車場(右)

【ご取材等のお問い合わせ】
教化部:鈴木  TEL:0288-54-0531  FAX:0288-54-0534
広報協力:TAN-SU 柚木原(株式会社古舘プロジェクト内)TEL:03-3235-1561

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TAN-SU
  4. >
  5. 世界遺産登録15周年記念 紅葉の日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ 2014年10月25日(土)~11月15日(土) 午後5時~8時