次世代振動音響及び空力振動音響製品ライン「wave6」をリリース

新製品は大手製造業によりテスト・検証され、市場に参入します。

エンジニアリング用CFDに重点を置いたCAEシミュレーションソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーである米国CD-adapco™(本社:米国ニューヨーク州メルビル)は、振動音響と空力振動音響シミュレーションの新しいソフトウェアであるwave6(ウェーブ・シックス)を本日発表しました。この新製品は流れが誘発する音響と振動問題に対し、CD-adapcoの旗艦製品であるSTAR-CCM+®を補完し、拡張します。
CD-adapcoのバイス・プレジデントであるPhil Shorterは次のように述べます。

「流れが誘発する音響と振動の問題を解決することは、顧客にとっても重要性が増しています。その鍵となるのは、広い周波数レンジに渡り、大規模で複雑なシステムを通じて、複数の分野を横断し、非定常流と振動音響の伝達の両方を正確にシミュレーションすることを必要とするアプリケーションです。」 「エンジニアがより古いレガシー・コードで作業しようとする際に直面する問題を真に理解する専門家グループで一からwave6を開発しました。」

wave6の製品ラインは、ユーザビリティに焦点を当て、高度な空力振動音響の手法をすぐに利用できるようにするための新しい自動化ワークフローをご紹介します。本リリースの導入により振動音響に取り組む多分野の設計・開発者と同時に、既存のSTAR-CCM+ユーザーに有益なものとなります。

CD-adapcoはwave6の開発期間中、新製品の検証とテストを確実なものにするため、大手製造業と密接に協業いたしました。数年間に渡る研究開発期間の後、CD-adapcoはSTAR-CCM+の強みとその機能を拡張するための最先端技術を公開します。

wave6とSTAR-CCM+の組み合わせにより、流れが誘発する音響と振動を含めた、複合領域の精度、信頼性、柔軟性を求めるエンジニアや設計者に対し、刺激的なソリューションをご提供します。

CD-adapcoについて
CD-adapco™ (www.cd-adapco.com) はエンジニアリング用CFD・CAEシミュレーションソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーです。当社の主要製品は最先端テクノロジーシミュレーションパッケージであるSTAR-CCM+®とSTAR-CD®です。事業範囲はCFDソフトウェア開発にとどまらず、流体解析、熱伝達や応力解析まで幅広いCAE エンジニアリングサービスを網羅しています。当社のミッションは「エンジニアリングシミュレーションソフトとサービスのアプリケーションを通して、革新をもたらし、コストを削減」することです。
独立系企業であるCD-adapcoの売り上げ成長率は過去5年以上の統計で前年比17%以上であり、世界各地にある32のオフィスでは850名以上の才能ある人間が働いています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. シーメンスPLMソフトウェア(株式会社CD-adapco)
  4. >
  5. 次世代振動音響及び空力振動音響製品ライン「wave6」をリリース