40歳からの女性の為の"和漢方薬ネット通販ショップ"が、 webコンテンツ「和漢方薬Q&A」を開設

■ 婦人病でお困りの女性の方に「わかりやすい和漢方薬」を推進し、正しい知識で、適切な選択をして頂きたい という願いから。

40歳からの女性に特化した和漢方薬ショップ「店舗名 : 40歳からの女性に和漢薬・加味逍遥」 (株式会社ナンブ運 営: 創業 大正12年、本社 愛知県岡崎市戸崎町牛転、代表者 南部淳、旧会社名:南部薬品)は、国内最大手のネッ トショッピングモール楽天市場での販売をはじめたところ、「漢方薬の選び方がよく分からない」「漢方薬は身体に優 しそうだけど、難しい」という消費者からの反響に応える為、同ショップのwebサイトに新たなコンテンツ「和漢方薬 Q&A」を開設しました。

 

●株式会社ナンブは、楽天市場で「40歳からの女性に和漢薬・加味逍遥」(40さいからのじょせいにわかんやく・かみしょうよう)での販売を始めると、生理痛や冷え、不正出血、不定愁訴(更年期障害)、不妊などに対応する加味逍遥散や当期芍薬散の売れ行きが好調な反面、アクセス者からは「私のような症状の場合、どの生薬が当てはまりますか」や、「この漢方薬は出産後の・・・という表示になっていますが、私の場合はどうなんですか」、また「食前に服用するとありますが、いつも忘れてしまいます。」など、同社が運営する実店舗である調剤薬局と比べて、はるかに上回る問い合わせが、相次ぎ、すぐに「わかりやすい和漢方薬」の小冊子を作成、無料配布した。

●そして、今回はweb上でも気軽に「和漢方薬の正しい情報」に接して頂くために、新たにwebコンテンツ「和漢方薬Q&A」を追加 公開をした。第一弾は、「そもそも漢方薬って何でしょう? 漢方薬は日本生まれ」。

●そもそも漢方薬って何なんでしょう?
漢方薬は、薬用植物の根や茎、葉、花、果実などを乾燥させたもの(生 薬)から構成されています。どの植物や動物、鉱物のどの部位がどういう病気に効果があるかというようなことは、数多くの試行錯誤 をへて、次第に人々の知恵として蓄積されていったものと考えられます。こういう知識は どこの国でもあったようで、我が国でもセンブリなどが薬草として知られていました。また岐阜県と滋賀県の境にある伊吹山(ここは日本武尊伝説でも知られています)は古代より薬草の宝庫でした。中国でも、こういう薬草の知 識は「神農本草経(しんのうほんぞうきょう」という作者不詳の古い書物にあらわれます。
【続きは、和漢方薬Q&Aで】 http://nambu-ladiesdrugstor.sales-knowhow.jp/category/2015457.html



【会社概要】
株式会社ナンブ 
 創業 大正12年
資本金 5,000万円  
代表取締役社長  南部 淳  
本社 〒444-0840 愛知県岡崎市戸崎町字牛転10番地91  
八帖本店 〒444-0924   愛知県岡崎市八帖北町23番地16 
従業員数 310名(パート・アルバイト含む)
【本リリースの配信元・問合せ先】株式会社ナンブ八帖本店 、ウェルネスナンブ担当                        
楽天ショップ・和漢方薬店  http://www.rakuten.co.jp/ladiesdrugstore/
八帖本店 〒444-0924 愛知県愛知岡崎市八帖北町23-16           
ほぼ毎日更新の薬剤師ブログ  http://ameblo.jp/kamishouyou/
公式コーポレイトサイト http://www.nambu-y.jp/
サテライトサイト http://nambu-ladiesdrugstor.sales-knowhow.jp/
フェイスブックページ  https://www.facebook.com/ladiesdrugstore
【本件リリース作成及び取材】
ネット販売及び統合型マーケティングコミュニケーションに関するコンサルティング委託先                    
ネット通販の魔術師合同会社   http://ecommerce-magician.co.jp
http://homepage.sales-knowhow.jp/   http://sugimotoyukio.com/  http://www.netshop-knowhow.jp/
  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ナンブ
  4. >
  5. 40歳からの女性の為の"和漢方薬ネット通販ショップ"が、 webコンテンツ「和漢方薬Q&A」を開設