プリンセス・クルーズが2017年のヨーロッパクルーズを発表新造船マジェスティック・プリンセスもヨーロッパで処女航海

地中海と北欧では、寄港地での滞在時間を長くしたクルーズや停泊するコースを提供

 

          マジェスティック・プリンセス

 プリンセス・クルーズは、2017年のヨーロッパクルーズを発表しました。2017年のクルーズ・シーズンには、地中海から北欧まで119の寄港地に向けて6隻が運航し、これには新造船、マジェスティック・プリンセスも含まれます。


64のユニークなコースには、153の出発日が設定されており、その寄港地は合計27か国にわたります。2017年4月にデビューを予定するマジェスティック・プリンセスも、バルセロナ、アテネ、ローマ発の6日~29日間のコースでヨーロッパでの処女航海を行います。

「プリンセス・クルーズは世界中でベストクルーズアイテナリーを提供することで知られています。2017年のヨーロッパ・シーズンでは、地中海と北欧で、最新かつ最大となる船を導入し、お客様に感動を与えられると確信しています」とプリンセス・クルーズの社長、ジャン・スワーツは述べています。さらに、「中国でのクルーズシーズンに向けて、マジェスティック・プリンセスがアジアで公式に航海をする前に、地中海クルーズにデビューし、お披露目できることを大変うれしく思っています」と語っています。

プリンセス・クルーズは現在、「モア・アショア・プログラム」のもと、お客様がこれまでよりさらに、寄港地の個性、文化、特色を楽しめるように2017年のコースを設定しています。出港時間を21時以降に設定し、寄港地での1泊あるいは、2泊の停泊など、滞在時間に余裕を持たせ、ゆっくり過ごしていただけるプランを設けることによって、日中だけでなくナイトライフもお楽しみいただけます。ヨーロッパでの「モア・アショア・プログラム」のハイライトには、ダブリン、サンクト・ペテルブルグでの停泊プラン、15か国以上での夜の遅い時間の出港が含まれています。

2017年のヨーロッパクルーズは、2015年12月3日、木曜日から予約を開始します。

プリンセス・クルーズの2017年のヨーロッパ行きプログラムの概要は以下のとおりです。

マジェスティック・プリンセス
プリンセス・クルーズの最新クルーズ船が2017年4月4日、コトルとコルフ島を訪れるチビタベッキア(ローマ)発6日間のアドリア海周遊の処女航海でデビューします。乗客定員3,560人のマジェスティック・プリンセスはその後、2017年4月9日~5月14日までバルセロナ、アテネ、ローマ発の8日間、15日間、22日間、29日間の地中海クルーズを予定しています。

地中海
マジェスティック・プリンセスに加えて、ロイヤル・プリンセスでは、新たに地中海12日間、西地中海11日間のほか、地中海とエーゲ海22日間や地中海全体を巡る8日間、15日間、22日間、29日間のクルーズを組み合わせることができます。

スカンジナビアとロシア
リーガル・プリンセス、クラウン・プリンセスとパシフィック・プリンセスは、ロンドン(サウサンプトンもしくはドーバー)またはコペンハーゲン発で、サンクト・ペテルブルグで停泊し、スカンジナビアとロシアを訪れる人気のクルーズを提供します。パシフィック・プリンセスでは、歴史的遺産を訪れるドーバー発の新しいバルト海クルーズをご用意。ストックホルムとサンクト・ペテルブルグでの停泊が含まれています。

英国周遊
2017年のヨーロッパ・シーズンには、これまでで最大規模の英国周遊クルーズを提供します。カリビアン・プリンセスは12出発日、パシフィック・プリンセスは2出発日で運航します。最終寄港地はエディンバラでの船中泊としており、世界的に有名なエディンバラ・ミリタリー・タトゥーを訪れることもできます。サウサンプトン(ロンドン)発13日間の英国の島々クルーズの一部には、ベルファストに夜遅くまで滞在する新たなプランや、ダブリンで1泊停泊するオプションなどもあります。

新たな寄港地
2017年夏には新たな寄港地としてハウゲスン(ノルウェー)、オーバン(スコットランド)、シラクーサ(イタリア、シチリア)、ウルヴィック(ノルウェー)、サントロペ(フランス)が加わります。

アイスランド&ノルウェー
クラウン・プリンセスとパシフィック・プリンセスは、白夜がピークを迎える夏至の期間に、ノールカップや北極圏を訪れるクルーズを提供します。クラウン・プリンセスは圧巻のノルウェー・フィヨルドを訪れ、パシフィック・プリンセスではハウゲスン(ノルウェー)に初寄港します。

パシフィック・プリンセスには、アイスランドとノルウェーを訪れる15日間のクルーズも組まれており、アイスランドとシェットランド諸島の奥地を訪ねることができます。大西洋横断時には、火山と氷河に象徴されるアイスランドの魅力をお楽しみいただけます。

クルーズ&ランドツアー
5種類のユニークなクルーズ&ランドツアーで、ヨーロッパへの旅をさらに思い出深いものにすることができます。このオプションは、特定のクルーズと、寄港地でのツアーガイド付きのランドツアーを組み合わせるものです。選択可能なコースは、「パリとフランスの田舎町」、「アイルランドのケリー周遊路」、ベニス、フィレンツェ、ローマの人気のスポットを巡る「クラシック・イタリア」、ブタペスト、ウィーン、プラハ、ベルリンを巡る「東ヨーロッパ帝国の至宝」、インターラーケンやルツェルンを含む美しい山並みとコモ湖を巡る「スイスの輝きとコモ湖」です。

プリンセス・クルーズの詳細は、日本語ホームページ (http://www.princesscruises.jp/)をご覧ください。

プリンセス・クルーズについて
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在 18 隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供しています。世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のゲストを世界中の目的地に向けて、4 泊から 111 泊のクルーズを運航しています。プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社です。

プリンセス・クルーズの主な受賞歴
●「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、2015年10月に受賞
●第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、観光関連産業部門の部門賞を、2015年8月に受賞
●日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、2015年6月に受賞
●日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞
●日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」に選出
●英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2014」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」受賞
●一般社団法人日本旅行業協会主催「JATA ツーリズム大賞 2013」において、「運輸部門優秀賞」受賞
●米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」主催「トラベル・ウィークリー・マゼラン・アワード 2013」において、客船『ロイヤル・プリンセス』(新造船『リーガル・プリンセス』の同型姉妹船)が「ベスト・ラージ・クルーズ・シップ金賞」受賞
●米国トラベル誌大手「コンデナスト・トラベラー」主催「コンデナスト・トラベラー読者投票 2013」において、日本発着クルーズに就航している『ダイヤモンド・プリンセス』を含む客船6隻が「ベスト・クルーズ・シップ・イン・ザ・ワールド Top 20 ラージ・シップ」に選出
●日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2012」を、2013年6月に受賞

一般読者の方からのお問合わせ先:
株式会社 カーニバル・ジャパン(プリンセス・クルーズ ジャパンオフィス)
http://www.princesscruises.jp/
TEL: 03-3573-3610
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カーニバル・ジャパン
  4. >
  5. プリンセス・クルーズが2017年のヨーロッパクルーズを発表新造船マジェスティック・プリンセスもヨーロッパで処女航海