デンソーウェーブが開発したフレームQRが パソコン導入実績第1位 年賀状ソフト 筆ぐるめに採用

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦 以下、デンソーウェーブ)は、株式会社ジャングル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高田晃子 以下、ジャングル)が販売する年賀状ソフト「筆ぐるめ 23」に、QRコードの生みの親であるデンソーウェーブが開発した、コード中央部に図形・文字などを自由に配置できるQRコード「フレームQR」(※1)が採用されたことを発表します。
今回、アップデートされる「筆ぐるめ 23」では、「フレームQR」の生成機能を取り入れるとともに、AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社との協力により、「筆ぐるめ」シリーズ初となるスマートフォンでARが表示できる年賀状レイアウトを搭載、それにひも付くコンテンツとして年賀状作成者が自由に選べる「おみくじAR」と「なぞなぞAR」を用意しました。「おみくじAR」は全16パターン、「なぞなぞAR」は全3パターンとなっています。

年賀状の受け手は、受け取った年賀状に記載されている「フレームQR」にスマートフォンアプリ「公式QRコードリーダー”Q”」(※2)を起動したスマートフォンをかざすと、作成者が設定したテキストメッセージ、URLリンク、「おみくじAR」、「なぞなぞAR」などを楽しむことができます。

■「お正月ならでは」を演出する「おみくじAR」と「なぞなぞAR」


<おみくじAR>
年賀状の「フレームQR」をスマートフォンアプリ「公式QRコードリーダー”Q”」で読み込むと、おみくじが出現。読み込むたびに、合計16パターンのおみくじ結果がランダムに表示されます。おみくじが出現した後は、そのおみくじをデザインしたオリジナルフォトフレームが登場。一緒に写真を撮影することが可能です。

 

<なぞなぞAR>
年賀状のテンプレートに記載された「なぞなぞ」。この答えは、年賀状の「フレームQR」をスマートフォンアプリ「公式QRコードリーダー”Q”」で読み込むと見ることができます。答えが表示された後は、合計3種類のお正月にちなんだフォトフレームが出現。一緒に写真を撮影することが可能です。
                サンプル:左)年賀状レイアウト例、右)おみくじARフォトフレーム

■利用方法
<送る:年賀状の作成方法>
  ①  「筆ぐるめ 23」を起動後、「うら(レイアウト)」画面の一覧から「おもしろAR年賀状」カテゴリー
   を選択
  ②  好みのテンプレートを選び、フレームに合わせて、テキストの入力や写真を挿入
  ③  設定が完了したら、ハガキに印刷
<受け取る:年賀状の再生方法>
  ①  ハガキに記載された案内に従い、「公式QRコードリーダー”Q”」をダウンロード
  ②  アプリを起動し、年賀状の「フレームQR」にかざす
  ③  「なぞなぞ」、「おみくじ」が楽しめるオリジナルARコンテンツが出現
詳しい利用方法および再生方法は、筆ぐるめ活用術をご覧ください。
筆ぐるめ活用術「おもしろAR年賀状を作ろう」
 URL: http://fudegurume.jp/fgw/katsuyou/arnenga.html

■「筆ぐるめ」について
開発元   :富士ソフト株式会社
販売元   :株式会社ジャングル
定価         :3,990円(税別)
URL      :http://fudegurume.jp/

※ジャングルでは、11月2日より2016年1月15日まで「筆ぐるめ 年賀状コンテスト 2016」を実施。最優秀賞はJCBギフトカード3万円分が当たります。また、「フレームQR」機能を使用した優れた作品については、フレームQR賞が与えられます。

筆ぐるめ 年賀状コンテスト 2016
 URL: http://www.junglejapan.com/contest/nenga/

※1:「フレームQR」について
「フレームQR」は、デンソーウェーブのQRコード開発技術を活かし、QRコードの更なる発展形として意匠性を高めることを実現した新しい2次元コードです。 コード中央部に図形・文字などを自由に配置できる“キャンバス領域”を持ち、イラストや写真などのデザイン性を損なわずにコード内に配置することが可能となっています。

「フレームQR」の主な特長:自由に使える“キャンバス領域”
“キャンバス領域”はコードの読み取りに障害をもたらさず、形状は既定パターンから好みの形状を選択、もしくは任意の形状を指定し、必要に応じて中心位置・大きさ・角度を変更可能です。
(「筆ぐるめ 23」では、「フレームQR」の一部機能を利用しています)
 

 

※2:「公式QRコードリーダー”Q”」について

「公式QRコードリーダー”Q”」は、デンソーウェーブの最新読み取り技術を搭載し、アララがアプリの企画・開発を手掛けた公式のQRコードリーダーアプリです。高速認識だけでなく、小さいQRや汚れたQRでも正確に読み取ることができる高精度な認識機能が特長です。

 

対応機種:iOS端末(iOS6.0以上)、Android端末(Android2.3以上)
 ※タブレット未対応

App Store:http://itunes.apple.com/jp/app/qrkodorida-q-wu-liaode-shieru/id911719423?mt=8
Google Play :http://play.google.com/store/apps/details?id=com.arara.q
公式サイト :http://www.arappli.com/service/q/
価格  :無料


<株式会社ジャングル 会社概要>
会 社 名  :株式会社ジャングル(Jungle,Inc)
U R L  :http://www.junglejapan.com/
所 在 地  :〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目15番 NTF竹橋ビル8F
設   立  :1999年9月10日
資 本 金  :200,000,000円
事業内容   :ソフトウェアの販売、ECサイトの運営

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名  :アララ株式会社(arara inc.)
U R L  :http://www.arara.com/
所 在 地  :〒107-0062 東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル別館
設   立  :2010年10月1日
資 本 金  :30,000,000円
事業内容   :【AR事業】AR技術を採用した「ARAPPLI」「marcs」の企画・開発・提供・運営
                         【スマートフォン事業】スマートフォン向けアプリの企画・開発・制作・プロデュース
 
<株式会社デンソーウェーブ 会社概要>
会 社 名  :株式会社デンソーウェーブ(DENSO WAVE INCORPORATED)
U R L  :http://www.denso-wave.com/
所 在 地  :〒470-2297 愛知県知多郡阿久比町大字草木字芳池1番
設   立  :1976年6月18日 (旧:システム機器株式会社)
資 本 金  :495,000,000円
事業内容   :自動認識装置、産業用ロボット、プログラマブルコントローラ等の機器やシステム
         の開発・製造・販売

※QRコード、フレームQRは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
 株式会社デンソーウェーブ システムソリューション部
 担当:田野 TEL:03-6367-9758  Mail:atsushi.tano@denso-wave.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デンソーウェーブ
  4. >
  5. デンソーウェーブが開発したフレームQRが パソコン導入実績第1位 年賀状ソフト 筆ぐるめに採用