フードテック・ベンチャーのプラネット・テーブル株式会社が、VC3社から総額約1億円の資金調達。食料生産・流通支援領域でアジアNo.1を目指す。

日本発・アジアNo.1の食料生産・流通支援プラットフォームの構築に向けて、プラネット・テーブル株式会社が総額約1億円のシリーズA資金調達を発表致しました。

農畜水産物流通支援プラットフォーム「SEND(センド)」や食のQ&Aサービス「FoodQ」を展開するフードテック・ベンチャーのプラネット・テーブル株式会社が、2015年12月、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズなどから約1億円の資金調達を発表致しました。本資金調達により、同社は「SEND(センド)」の国内展開の加速及び将来的なアジア進出を見据え、更なる体制強化を図ってまいります。

 

食料生産・流通支援プラットフォームを提供するプラネット・テーブル株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:菊池紳、以下プラネット・テーブル)は2015年12月、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 田島 聡一)、株式会社クレディセゾンのコーポレートベンチャーキャピタルである株式会社セゾン・ベンチャーズ(本社所在地:東京都豊島区、代表取締役社長 三浦 義昭)など3社への第三者割当増資による総額約1億円の資金調達を発表いたしました。


プラネット・テーブルは今回の資金調達により、2015年8月より展開している農畜産物の流通支援プラットフォーム「SEND(センド)」の拡大に向けて、営業体制の強化や開発力の更なる増強を図ります。また、SENDを通じて蓄積されるデータを活用し、更に高度な商流・物流最適化を進め、海外進出も見据えたプラットフォーム化を進めてまいります。

今後とも、プラネット・テーブルは「食べ物を“作る”と“食べる”が一体化した世界を実現する」をミッションとし、全ての生産者と需要者が直接繋がり、ストレスやロスなく食べ物が届く社会を実現に向けて、先端テクノロジーを活用し、世界の農畜水産支援・流通プラットフォームを構築します。


■農畜産物流通プラットフォーム「SEND(センド)」について

「SEND(センド)」は、日本全国の優良生産者と、都市部の需要者を直接繋ぐ流通プラットフォームです。既存流通の抱える高コスト体質や情報の非対称性を解消すると共に、産直取引の煩雑さを解消するサービスとして、高い注目を得ております。2015年8月の正式ローンチ以来、現在までに生産者・購入者ともに200事業者を超えており、その取引の全てを自社物流で配送しています。「SEND(センド)」は今後も更なる成長を図り、国内そしてアジアの食料流通業界のイノベーションに寄与してまいります。
URL: http://send.farm/lp

 


■プラネット・テーブル株式会社 会社概要

所在地 : 東京都渋谷区渋谷1-20-18 ミタケタワー2F
代表  : 代表取締役 菊池 紳
設立  : 2014年5月30日
資本金 : 6,628万9,932円(増資実施後。資本準備金を含まず)
事業内容: 食料生産・流通支援プラットフォームの開発・提供
URL   : http://planet-table.com/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Planet Table Inc.
  4. >
  5. フードテック・ベンチャーのプラネット・テーブル株式会社が、VC3社から総額約1億円の資金調達。食料生産・流通支援領域でアジアNo.1を目指す。