短編映画の原作となる最優秀作品は岩手県の岩間壮太さん(小学5年生)

東北を元気にする作文授賞式/短編映画『未来のカケラ』制作発表会

希望や夢を描いた子どもたちの作文が短編映画の原作になる。 「わたしたちのふるさと、10年先の物語」
平成27年7月1日(日)から8月31日(月)にかけて募集しました「わたしたちのふるさと、10年先の物語」-東北を元気にする作文募集-。その優秀作品、最優秀作品の授賞式及び短編映画『未来のカケラ』制作発表会が、平成27年11月29日(日)、岩手県盛岡市内のホテルで行われました。

本作文募集は、平成27年7月からスタートした『未来へススモーション!! 新しい東北』キャンペーンの一環として展開され、子どもたちの未来に向けた元気な姿を描いた作文を募集、最優秀作品を原作にした短編映画を制作、発信することで、未来を感じる気持ちを共有し、「自ら進む」原動力へとつなげていくことを目指して展開されました。
 


(前列左から)優秀賞の栄田乃里香さん、荻原有夏さん(宮城県)、菅野莉々子さん(福島県)、最優秀賞の岩間壮太さん(岩手県)
(後列左から)森岩手復興局次長、別所哲也さん、別府政府広報室長


 

(左から)森岩手復興局次長、渡邊世紀監督、岩間壮太さん、別所哲也さん、別府政府広報室長


本作文募集で、優秀作品に選ばれたのは、宮城県の栄田乃里香さん、荻原有夏さん(共に中学3年生/グループ応募)の「私との約束」と福島県の菅野莉々子さん(小学6年生)の「わたしの福島」。そして短編映画の原作となる最優秀作品に選ばれたのは、岩手県の岩間壮太さん(小学5年生)の「震災から4年と半年(感謝を忘れない)」。

授賞式では、今回、短編映画制作委員会 委員長を務めていただいた俳優の別所哲也さんから、4名の受賞者に賞状が手渡され、本人たちによる作文の朗読も行われました。賞状を受け取った岩間壮太さんは自分の経験したことを「人に伝えるために作文を書いた。自分の作文が映画になるとは思っていなかったのでビックリしています。」と自身の描いた”夢”が短編映画化されることに対して、喜びを語ってくれました。
また、授賞式後に行われた制作発表会では、岩間さんの作品を原作に制作される映画『未来のカケラ』の概要を発表。
監督・脚本の渡邊世紀さんもステージに登場し、東北の方々の被災の経験を「自分なりに感じて、立ち上がっていく姿を全力で作り届けたい。未来をイメージする創造力こそが最強の力だと思っているので、未来を感じられる作品にしたい。」と作品への意気込み、東北への思いをコメントしました。また、主演の須賀健太さん、大島麻衣さんから、ビデオメッセージが寄せられました。 短編映画『未来のカケラ』は、平成28年1月完成予定です。

 

■短編映画『未来のカケラ』概要

-STORY-
一軒家の建築現場。見習い大工の壮太はある日、棟梁の及川から一人でお客様の物置を造るよう命じられる。
一人前の大工として認められるための初めての「お仕事」に、気合いの入る壮太。しかし、物置造りを進めていく中で、まだ会ったことのない施工主に対して、壮太にある疑問が湧く・・・。
見習い大工としての何気ない日常から明らかになっていく、壮太が大工になった理由。そこには過去に自分と同じ痛みを背負った大切な人への想いが溢れていた・・・。

-STAFF-
エグゼクティブプロデューサー:別所 哲也
監督・脚本・編集:渡邊 世紀

-CAST-
・須賀 健太 ・大島 麻衣  ・塩野 瑛久  ・栗山 航 ・戸塚 純貴 ・六平 直政 他

-公開予定-
●政府広報オンライン特集サイト
http://www.gov-online.go.jp/cam/fukko_susumotion/ (平成28年2月公開予定)
●ショートショート フィルムフェスティバル & アジア HP内特設ページ
http://www.shortshorts.org/susumotion/ (平成28年2月公開予定)

平成28年2月、岩手県、宮城県、福島県で上映会を開催。BS特別番組での放映も予定しています。

<作文を朗読する受賞者の皆様>
 

優秀賞の栄田乃里香さん、荻原有夏さん(宮城県)

 

優秀賞の菅野莉々子さん(福島県)

 

最優秀賞の岩間壮太さん(岩手県)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド
  4. >
  5. 短編映画の原作となる最優秀作品は岩手県の岩間壮太さん(小学5年生)