京都学園大学2015年度TVCMシリーズ完結編「アサギマダラの夢」

-10月19日よりWEB限定ムービーを公開開始-

京都学園大学(京都市右京区、学長:篠原総一)は、2015年度を通して展開しているテレビCMシリーズ「アサギマダラの夢」の総まとめとなるWEB限定ムービー(http://www.kyotogakuen.ac.jp/sp/cm2015/)を、公式WEBサイトおよびYouTube公式チャンネルで本日より公開します。
WEB限定ムービーでは、前篇、後篇で使用されたカットに加え、アニメーション監督・森江康太さんによる新たなカットも初公開。京都をフィールドに日々成長していく同大学公式キャラクター「太秦その」(CV:戸松遥)のみずみずしい成長ストーリーは必見です。
 

 


■WEB限定ムービーの概要
キャンパスライフを送る中でふと出会った蝶の美しさに魅了された太秦そのは、図書館である図鑑を見つける。その図鑑でさきほど見た蝶が「アサギマダラ」だということを知る。調べてみるとその蝶は世代交代をしながら2000キロもの距離を移動するという。

なぜそんな蝶がキャンパスにいるのか?興味を抱いた太秦そのはフィールドワークを通してアサギマダラがフジバカマという野草の蜜を好むこと、そしてフジバカマが京都府の「レッドデータブック」で絶滅寸前種に指定されていることを学び、環境保全の大切さを再発見することになる──。


■今作のテーマ「人といきものが共存しあえる世界を目指して」
京都学園大学では2014年春より公式キャラクター「太秦その」を起用した広報活動を展開しています。今作は前後篇の2部シリーズ。前篇では「太秦その」がキャンパスでふと発見した蝶の美しさに魅了され「アサギマダラ」に興味を抱き、後篇では、「アサギマダラ」との出会いをきっかけに環境保全のためのフィールドワークを行い研究発表をします。「太秦その」が日々成長していく姿を、みずみずしく表現するCMに仕上がりました。


■世界的視野で主体的に考え行動する人材の育成
京都学園大学では、「世界的視野で主体的に考え行動する人材の育成」を教育の目的に掲げ、今作の「太秦その」がアサギマダラとの出会いをきっかけに環境保全への取り組みを始めたように、学生自らが興味を持ったテーマについて、主体的に学び研究できる場を提供するとともに、教員と職員が連携して学生をサポートする体制を整えています。

 京都学園大学 教育の目的
http://www.kyotogakuen.ac.jp/outline/philosophy/


■環境保全における京都学園大学の様々な取り組み
京都学園大学では、環境保全における取り組みとして、絶滅危惧種の和の花の避難場所の設置や、生物多様性や環境負荷に配慮した企業敷地の緑化研究、和の花生育環境の整備など、様々な研究を進めています。

太秦その 夢への取り組み
http://www.kyotogakuen.ac.jp/sp/cm2015/

 

■TVCMで使用した楽曲について

今作のCM音楽には気鋭の作曲家HIDETAKE TAKAYAMAさんを起用し、完全オリジナルとなる「Wind of Butterfly」を制作。本楽曲は京都学園大学2015年公式テーマソングとして様々なイベントでお披露目するほか、itunes store にて販売予定。


■2015年度TVCMシリーズ
アサギマダラの夢 前篇 ~京都学園大学2015年版テレビCM~


 

アサギマダラの夢 前篇 ~京都学園大学2015年版テレビCM~

 


■プレス用画像



■カット表
 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 京都学園大学
  4. >
  5. 京都学園大学2015年度TVCMシリーズ完結編「アサギマダラの夢」