創業30周年を迎える川崎アゼリア レストラン・ライフスタイルゾーンを加え、待望のグランドオープン! 日本最大級の地下商業施設 『川崎アゼリア』全163店舗が営業スタート!

公式URL: http://www.azalea.co.jp/

 川崎アゼリア株式会社(本社:神奈川県川崎市川崎区、代表取締役:木場田 文夫)は、JR川崎駅東口地下ショッピングモール『川崎アゼリア』の第2期リニューアル区画として、レストランゾーン『GOURMESSE(グルメッセ)』と、ライフスタイルゾーン『LIFEGRAND(ライフグラン)』を新たに加え、2016年3月16日(水)午前10時にグランドオープンいたしました。

 午前9時45分、朝から沢山のお客様が行き交う、川崎アゼリア サンライト広場にて、オープニングセレモニーを実施。代表取締役 木場田から「リニューアル計画を発表してから2年。川崎アゼリアが本日ようやくグランドオープンを迎えることができました。これからは、お食事や買い物を楽しんでいただくだけでなく、日々の生活に欠かせない施設として、豊かな人生のひと時をアゼリアと共に過ごしていただきたい」とコメント。
また、福田 川崎市長からは、「これで川崎駅東西の玄関口がより賑やかになり、川崎市全体の活性化に繋がる。心地のよい、そして憩いの場として、是非川崎アゼリアを毎日でもご利用いただきたい。」とお話いただきました。

 その後、代表取締役 木場田文夫、川崎市長 福田紀彦様、川崎市議会副議長 菅原進様、御出店者様を代表して、株式会社シェルガーデン 代表取締役社長 藤森敏和様、株式会社 未来屋書店 代表取締役社長 羽牟秀幸様と、陽の光が差し込むサンライト広場で、晴れやかにテープカットを執り行い、全163店舗が一斉に開店、通路はまたたく間に大勢のお客様で大変な賑わいとなりました。
 

サンライト広場で行ったオープニングセレモニーの様子

 

グランドオープンで賑わう様子 「GOURMESSE」

 

「LIFEGRAND」

 

■川崎エリアの活性化へ本格稼働、川崎アゼリアグランドオープンで変わる川崎駅東口の商業サービス!

マスコットキャラクター「カワサキカワル」「オトウト」

 

 1986年に創業した川崎アゼリアは、本年で記念すべき30周年となり、この度のグランドオープンを迎えました。川崎アゼリアでは現在も1日平均24万人(10時~21時) の通行客をお迎えしており、近年益々多様化するお客様ニーズや、北口をはじめとした川崎駅の再整備など、多くの周辺環境変化に対応できるよう、昨年に続く大規模リニューアルで川崎駅東口全体の商業活性化に寄与いたします。




■ 館内新設スポット

『リーフシャンデリア』

● サンライト広場 『リーフ シャンデリア』 (第1期)

JR川崎駅からの導線、川崎アゼリアの玄関口ともいえる「サンライト広場」には、光の射し込む地下街という、アゼリアならではの特長を活かした新たなモニュメント『リーフ シャンデリア』が心地よい空間を演出しております。


 

『ハミングガーデン』

● お休み処 『ハミングガーデン』 (第1期)

サンライト広場の奥には、お休み処『ハミングガーデン』 を新設。サンライト広場同様、目にも心にも優しいグリーンカラーを基調に、来場者の方々に憩いの場としてご利用いただいております。



 

『ハピネスバード』

● アゼリアの新たなシンボル!『ハピネスバード』 (第1期)

ハミングガーデンの中央には、高さ2.5m(台座含)のコケ玉で制作されたキュートな鳥『ハピネスバード』がアゼリアの新しいシンボルとして親しまれて待ち合わせシンボルとして活躍しています。花をくわえ季節のメッセージをお知らせしています。


 

『ベビールーム』

● 川と海をイメージしたやさしい空間『ベビールーム』 (第1期)

「DELICHIKA(デリチカ)」内には、お母さんと赤ちゃんがホッとできる『ベビールーム』を設置。川崎に馴染み深い多摩川と海をイメージしたアゼリアならではのやさしい空間を演出しております。授乳室2部屋とお着替え用ベッド4つを設置し、お買い物の合間など幅広くご活用いただいております。


 

『ホワイトツリー』

※NEW※● LIFEGRAND憩いの場『ホワイトツリー』 (第2期)

「LIFEGRAND (ライフグラン)」内には、テーマゾーンとして『クリスタルロンド』を設けております。その中心にある『ホワイトツリー』は、こけ玉からゆるやかに流れるミストと、枝にとまるクリスタルでできた小鳥や蝶をあしらい、見ているだけでほっと一息の気分転換となり、腰掛けるとお買い物途中のちょっとした休憩になります。

 

※NEW※● 市役所通り壁面・列柱アート装飾 (第2期)

スーパーラウンジアートの第一人者として、現代のアートシーンを賑わせている古門圭一郎氏が描いた市役所通りの壁面・列柱アートは、独自の世界観と豊かな色彩感覚が融合し、新生川崎アゼリアの誕生を見事に表現しております。

『市役所通り壁面・列柱』


このほか、共用部分や通路にも新たに休憩所やモニュメントを整備。JR川崎駅とバスターミナル、京急線を繋ぐ通勤通学路にとどまらない新たな価値を創出しております。川崎アゼリアは、総事業費約60億円を投資し、大規模なリニューアルを進めました。通行客の店舗利用頻度増を図り、開業初年度(平成28年度)の売り上げ額は、リニューアル前の約140億円からリニューアル後は約165億円に伸ばすことを見込んでおります。



■第2期リニューアルゾーン 『GOURMESSE(グルメッセ)』

川崎駅東口では最大集積、37店舗の新レストラン街 『GOURMESSE(グルメッセ)』。

川崎アゼリアではリニューアル前からも大変多くのお客様にご利用いただいておりましたが、この度のリニューアルではさらにお客様のご利用シーンに合わせ、37店舗中16店舗の新店を迎え、既存店もエリア内の移転や内装替えを行い新しいレストランゾーンとして生まれ変わりました。女性のおひとり様ごはんやお子様連れでのゆったりランチ、会社帰りの集いの場所や、クライアントとの会食場所など、様々なご利用シーンによって選べるバラエティ豊かなレストランゾーンとして生まれ変わりました。

 

■第2期リニューアルゾーン 『LIFEGRAND(ライフグラン)』

『LIFEGRAND(ライフグラン)』は、大人の女性に向けたバラエティ豊かな暮らしのヒント「大人ライフスタイル」のアイテムや、最近とみに増加する川崎駅周辺のビジネスマンに向けた「通勤メンズ」アイテムなど、日々の暮らしを彩る”ちょっといい感じ“のモノやコトを集めました。また、「CRYSTAL RONDO(クリスタルロンド)」と称し、大人女性に向けたテーマゾーンとして、アクセサリー、コスメ、服飾雑貨等が集まる女性の好奇心をくすぐるお楽しみエリアを設けました。さらに、鉄道模型やジオラマ素材などを豊富に取り揃えた「ポポンデッタ」や書籍・文具の「未来屋書店」、ペット用品の「ペットパラダイスプラス」等の趣味や文化系のショップも充実させ、毎日ちょっと立ち寄りたくなるお楽しみなライフスタイルアイテムをそろえたステージとしてオープンいたしました。

 

■第1期リニューアルゾーン 『 DELICHIKA(デリチカ)』

毎日の“プチリッチグルメ”を刺激する上質な空間、『DELICHIKA(デリチカ)』は、昨年7月末開業以来この半年間で延べ約300万人のお客様にご愛顧いただくデイリーグルメステージとして好評を博しています。
江戸に最も近い宿場町・商業街として栄えた「川崎」ならではの伝統的なモチーフや装飾を凝らした上質な店舗デザインなど、空間からサービスに至るまで「上質」をキーワードに、老若男女を問わず何度でも足を運びたくなるゾーンづくりにこだわりました。いつもの食卓をちょっといい感じに。厳選された旬な食材や、バラエティあふれる特選銘菓の数々など、 毎日の暮らしを彩る食物販ゾーンとして地域に親しまれています。

 

■区画図、施設概要


■川崎アゼリア 第2期リニューアルサポーターのご紹介
川崎アゼリアでは、リニューアル総合プロデューサー島村 美由紀氏監修のもと、各領域の第一線で活躍する専門家の協力を得て、アゼリアならではの特色を活かした空間作りとデザインを行っております。

【リニューアル総合プロデューサー】

島村 美由紀(Miyuki Shimamura)株式会社 ラス アソシエイツ代表
商業コンサルタントして、SC開発や業態開発を手掛け、札幌ステラプレイス、札幌パセオ、ラゾーナ川崎プラザ、福岡ソラリアプラザ、東北自動車道羽生PA(下り)などのプロデュースに関わる。著書:「30歳から自分を変える小さな習慣」(プレジデント社)「感性仕事術」(産業編集センター)


【アゼリアロゴ・キャラクター・広告デザイン・館内サイン・アート 】
岡本 一宣(Issen Okamoto)クリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー
出版メディア、雑誌、企業誌、カタログのデザイン、ブランディングをはじめ、企業ロゴマークデザイン、都市デザインなどに携わる。著書:「岡本一宣の東京デザイン」「岡本一宣のピュア・グラフィック」(共に美術出版社)

【市役所通り壁・列柱アート】
古門 圭一郎(Keiichiro Furukado)アーティスト
東京藝術大学大学院美術研究科修了。その場の雰囲気をファンタスティックに変容させる作品群は、スーパーラウンジアートとして評価が高い。アクリル板、工業用インク、建材壁紙等、現代のマテリアルをアナログ的な手法で巧みに操り、作品を生み出し続ける。

【広告イラストレーション】
小林 マキ(Maki Kobayashi)イラストレーター

【リーフシャンデリア・ハピネスバード・ホワイトツリー】
工藤 準(Jun Kudo)株式会社ユー花園、コミュニケーションデザイン部、アートディレクション室 室長

【ハミングガーデン(お休み処)】
藤森 泰司(Taiji Fujimori)家具デザイナー、藤森泰司アトリエ代表

【ベビールーム】
遠藤 幹子(Mikiko Endo)建築家、一級建築士、office mikiko代表、京都造形芸術大学非常勤講師、桑沢デザイン研究所非常勤講師 


■川崎アゼリア グランドオープニングプロモーションのご紹介

【オープニング記念ノベルティプレゼント】

3月16日(水) 17日(木) 18日(金)
川崎アゼリア サンライト広場
3月16日から3日間限定で合計10,500名様にオリジナルフラワータオルを1本プレゼントしております。
対象条件
・川崎アゼリア内の店舗でお買い物3,000円(税込)以上。
・当日のレシートのみ有効(合算可)。
・引換はお1人様1回。

【新聞広告】
川崎市全域と横浜市鶴見区、神奈川区、東京都大田区を対象に新聞社題字付エリア広告(タブロイド版)を実施いたしました。
掲載日:3月16日(水) 朝刊
朝日新聞、讀賣新聞、毎日新聞、東京新聞

【交通広告】
川崎市を往来する公共交通機関にてグランドオープンを告知しております。
●南武線車体広告 3月7日(月)~
●川崎駅構内フラッグ広告 3月14日(月)~
●中吊り広告 3月14日(月)~
東海道線、京浜東北線、南武線、京浜急行 ほか
●トレインチャンネル 3月14日 (月)~
京浜東北線、南武線


【アゼリアホームページ】
グランドオープニング関連や各店舗の詳細情報は、3月1日(火)より川崎アゼリアホームページ、公式Facebookにて随時ご紹介しております。
川崎アゼリアホームページ  http://www.azalea.co.jp/


 

 

【アゼリアカード】

 

プリペイド機能付きポイントカードを導入いたします。

●アゼリアカードでお支払いいただけば200円で2ポイント。
●現金チャージで小銭不要。お支払いもラクラク!
●100ポイント毎に100円のアゼリアマネーに換算!
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 川崎アゼリア株式会社
  4. >
  5. 創業30周年を迎える川崎アゼリア レストラン・ライフスタイルゾーンを加え、待望のグランドオープン! 日本最大級の地下商業施設 『川崎アゼリア』全163店舗が営業スタート!