ラッカスワイヤレス、Cloudpath Networks社を買収

BYODとITデバイスのセキュアかつユーザーフレンドリーなポリシー管理を実現し、 企業・教育・小売市場向けSmart Wi-Fiポートフォリオを拡充

ラッカスワイヤレス、セキュアWi-FiオンボーディングソフトウェアのプロバイダーであるCloudpath Networks(本社:米国 コロラド州ウェストミンスター)を買収
Ruckus Wireless, Inc.(日本法人:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社、東京都中央区、以下「ラッカス」)は、セキュアWi-FiオンボーディングソフトウェアのプロバイダーであるCloudpath Networks(本社:米国 コロラド州ウェストミンスター)を買収したと発表しました。2006年にセキュアWi-Fiオンボーディングを開発したCloudpathは、自動化されたセルフサービスソフトウェアを用いた認証ベースのWi-Fiセキュリティ分野でのリーディング企業としての地位を確立してきました。

 

ラッカスは、教育、企業、小売、ホスピタリティ市場向けSmart Wi-FiポートフォリオにCloudpathソフトウェアを追加します。Cloudpathは、著しい進化を遂げる多様なデバイスとユーザーを簡単かつセキュアに管理することが求められる教育市場において、特に安定したビジネスと確固たる評判を確立しています。Cloudpathはまた、Chromebookデバイスを業界で初めてサポートし、学校がこの画期的プラットフォームを授業において安全に利用することを可能としました。企業や小売業者も同様にCloudpathを利用して、ユーザー、役割に加え、従業員、ゲスト、請負業者、ベンダー向けのデバイスごとに異なるアクセスポリシーを適用しています。

ラッカスのCEOであるセリーナ・ローは次のように述べています。「これは、BYODとITデバイス向けのWi-Fiセキュリティを一層簡素化するという意味で、著しい飛躍であると言えます。当社は、Cloudpathが市場で最も使いやすく安全性の高いオンボーディングソリューションであると信じており、Cloudpathのテクノロジーを取り込み、また才能あふれる人材をラッカスファミリーの一員として迎え入れることを大変嬉しく思います。」

Cloudpathのソフトウェアは、すべての新規デバイスのオンボードをセキュアに行うため、共通のエントリーポイントを提供します。一度限りのデバイス登録プロセスでは、ユーザーとデバイスが確認され、適切な無線ネットワークと属性に即した証明書がデバイスに自動で設定されます。リピートユーザーは、バーチャルLAN、アクセス制御リスト(ACL)など適切なポリシーが適用された上で、セキュアなネットワークに自動で接続され、そのすべてのポリシーがダイナミックに適用されます。Cloudpathの独自技術により、ITは大規模かつ刻々と変化する環境におけるWi-Fiアクセスを簡単に管理することが可能となりました。

Cloudpathの設立者でありCEOでもあるケビン・コスター氏は次のように述べています。「Wi-Fiは使いやすくあるべき、当社はこれをオンボーディングやセキュリティに取り組む上での信念としてきました。従業員、ゲスト、学生は、自らが選んだデバイスから簡単かつセキュアにアクセスできるべきです。それと同様に、IT部門にとっては、ユーザーがネットワーク接続時のトラブルでIT部門へサポートコールをしなくとも済むように、そのアクセスの包括的な管理とセキュアな接続が簡単に実現確保される必要があります。」

Cloudpathは、IT管理者に対して、スケーラブルかつユーザーフレンドリーに導入できる、ITセキュリティとBYODポリシーの適用を可能にする、「一度設定すれば後の操作は不要」なWi-Fiエクスペリエンスを提供します。Cloudpathの主力製品Enrollment Systemは、証明書ベースのWi-Fiを簡単かつセキュアに適応することで、ITサポート コスト、パスワードに関連するユーザーの不満を排除します。Enrollment Systemは、シラキュース大学、パデュー大学、フェアファックス郡公立学校といった大手顧客に採用されており、インターロップでは、ワイヤレス&モビリティ部門の「Best of Interop」を受賞、モバイルワールドコングレスでは「Best Mobile Identity, Safeguard & Security Products」賞のファイナリストに選出されました。

シラキュース大学のネットワーク アーキテクトであるリー・バッドマン氏は次のように述べています。「多様なクライアントデバイスを効果的な手法でオンボーディングすることは、無線サポートチケットの削減や、ユーザーをセキュアかつ短時間でWLANに接続させるために、極めて重要です。Cloudpathはそういった特性を管理しやすいフレームワークで確実に実現することができ、さらには新しいオペレーティングシステムへの対応、パッチもタイムリーに適用されます。CloudpathはWi-Fiサポート力を高めるソフトウェアと言えます。」

 

Cloudpathのオンボーディングおよびセキュリティソフトウェアは、特許取得技術であるBeamFlex™ +(アダプティブアンテナ技術)、ChannelFly™(動的予測チャンネル選択)、SmartMesh™(自己最適化メッシング)、動的PSK™Wi-Fiセキュリティなどの独自技術によって構成されるラッカスのSmart Wi-Fi技術を拡充します。これらはすべて、ラッカスが信頼性・安全性・拡張性のある高性能Wi-Fiを提供する上で、基盤となる重要なテクノロジーです。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ラッカスワイヤレスジャパン合同会社
  4. >
  5. ラッカスワイヤレス、Cloudpath Networks社を買収