”ラブストーリーの神様”北川悦吏子が初めて描く不倫の恋!

TBS系「スペシャルドラマ 三つの月」(10月3日放送)の製作発表会見が29日、東京都内で行われ、脚本家の北川悦吏子、キャストの原田知世、谷原章介らが出席した。
CBCテレビ製作/TBS系『スペシャルドラマ 三つの月』(10月3日放送)の製作発表会見が29日、都内で行われ、脚本家の北川悦吏子、キャストの原田知世、谷原章介らが出席した。

人気脚本家・北川悦吏子の故郷・岐阜を舞台に描く、大人のラブストーリーである本作は、タイトルに「月」が入るシリーズ三部作の完結編。世界遺産・白川郷の美しい景色の中、原田演じるアラフォー主婦が谷原演じる作曲家に恋をし、次第に心を通わせていくピュアで切ない“秘密の恋”を描く。

不倫の恋を初めて本格的に描いたという北川は、「ヒロインだった女性であっても必ず年を重ねヒロインという立場でなくなる。そういう人が結婚した後に恋をしたらどうなるのか、私自身最大の共感を持って描きました。世の中で『おばさん』と呼ばれてしまう世代の人にぜひ観てほしい」と自信をのぞかせた。

シリーズ三部作すべてに出演した谷原は、今作で主人公を演じた原田を「月」に例え、「昔から名月として変わらない『中秋の名月』のよう。ずっと変わらない透明感やピュアさをこれからも持ち続けてほしい」と絶賛。原田は「すごくうれしい。その言葉でがんばって生きていけます」と照れ笑いで応じた。

■『スペシャルドラマ 三つの月』
  10月3日(土)午後2時~午後3時24分放送(CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社CBCテレビ
  4. >
  5. ”ラブストーリーの神様”北川悦吏子が初めて描く不倫の恋!