情報品質で日本の「本来の食」に導きませんか?ーー小手先の流行情報ではなく、日本の食品事情をヨーロッパから見るリアルタイムのWEBポータルサイトが2016年2月から本格始動。ベジ&ヴィーガン情報多数

日本初!ヨーロッパ発!というリアルタイムWEBサイト。毎週2回、ヨーロッパ在住の現地スタッフがリアルタイム情報を配信します。

食品メーカーであるオーガニックベビーフードの株式会社ビーンズ(http://www.beans-japan.jp/babyorganic/)が、インターネット限定で “ヨーロッパの食にまつわる情報” を、2016年2月から本格配信。

___『農薬』『遺伝子組換え食品』『食品添加物』・・・
日本において、アレルギーやアトピーで苦しんでいる人がとても多いですが、これら3つの要素がその原因となっているのではないでしょうか?

こんな時代だからこそ、 「飽食」から「豊食」へと “日本の本来の食” を見つめ直しませんか。
表面上の薄っぺらい小手先の情報ではなく、リアルに起こっているヒトとコトから今の日本を見つめ直し、少しずつでよいから自分の信じる「本来の食」に導きませんか?

「やりたい!」「導きたい!」・・・そんな想いのある人でしたら
私たちは全力でできることをやらせていただきます。

少しでもあなたの力になれたら嬉しいです。

<人生かけて渡欧>
日本の「食」に対して強い想いを持ち
人生をかけて日本からヨーロッパに移住した“一人の女性”が描きます。

http://vegefrom.com


< 私たちができること >

私たちは考えます。
「本当に今の日本の食でよいのだろうか?」 と。

近年、
SNSはじめキュレーションや様々な情報サイト 等、
情報で溢れています。

しかも、
見ている人自身、その情報に対して “疑問” を
少なからず持っているのでないでしょうか。

例えば、
購入者の声(コメント)や、有名人の行きつけのお店や商品 等、
上げればきりがないですが、「本当かなぁ」と思っていることも多い。

そこで、
日本から日本を見るのではなく
世界から日本を見てみようと考え
このWEBサイトを立ち上げることとしました。

自分自身で自分の事があまりよく分からないのに
ヒトから自分を見てもらうと「なるほど!」って分かることも多くある
という考えからです。

リアルな情報を
日本の「食」に対して強い想いを持ち
人生をかけて日本からヨーロッパに移住した “一人の女性

と そのパートナー達が
一記事一記事に全身全霊の想いをぶつけていきます。


本サイトが、
日本の『楽しい』と、日本の『本来の食』を創るきっかけになれたら嬉しいです。


< 活動概要 >
ヨーロッパ現地の生の声、リアルな店舗、そこに住むヒトの思想を
現地で直接リポートした情報をサイトで毎週2回発信していきます。

日本のパートナー企業やヨーロッパの協力者・協力企業と
日本とヨーロッパの「食」の架け橋となるような取材を進め、
一方通行な情報提供ではなくコミュニケーションのきっかけとなるサイトとして
利用してもらえるようヨーロッパと日本にて同時並行で活動を進めます。

表面上はヨーロッパの情報発信サイトのように見えても
実はその奥では、ヨーロッパに進出したい企業やヨーロッパの情報が欲しい日本在住の方々と
現地ヨーロッパで日本と取組をしたいヒトとを繋ぐ準備がございます。

この連携によって、日本の『本来の食』を考えるだけではなく
逆輸入的な発送で実際に日本でその『食』の実現をしていきます。



 

___世界のオーガニック大国であるドイツとオランダを中心に毎週2回は配信。
(写真は、WEB内記載の取材先・アムステルダムの若き実業家のオーナー、バスチャン・シュポア氏)
 

< 記事の一部を紹介 >
「フレッシュな野菜」を追求したレストラン(一部抜粋)


 

「野菜をどうしたら一番新鮮な状態で提供できるか?」

その答えとして、公園の温室内にレストランを作ってしまった
ヘート・ヤン・ハーヘマンさん。
ミシュランの三ツ星シェフだったハーヘマンさんは2001年にフランケンデール公園内にオーガニックレストラン「DE KAS」をオープンしました。
DE KASとはオランダ語で「グリーンハウス(温室)」の意味。
その名の通り、レストラン自体がガラスに覆われた温室のような作りとなっていて、併設された温室や庭から、フレッシュなハーブや野菜がキッチンに運び込まれます。



オーナーのハーヘマンさんは現在70歳。
朝5時に起き、併設の庭でまかなえない分の野菜を提携農園に採りにいくのが日課。ガラス張りの店内には太陽のやわらかい光が降り注ぎ、夜はライトアップされてアクアリウムのような幻想的な雰囲気へと変わります。外に大きな煙突が見えますが、冬には暖炉に薪がくべられ、室内を暖かくしてくれるだけでなく、その熱は床暖房としても使われます。ガラス屋根の上部にはソーラーパネルが備え付けられていて、このレストランで使う電力のほとんどをまかなっているそう。

 

 

シェフのバスさんに隣のガーデンを案内してもらいました。さまざまな種類の野菜がありますが、トマトだけで15種類の苗があり、それぞれ酸味や甘みなど風味が異なるそうです。
「ここの野菜はどれも、生で食べてもおいしいんだ。ひとつひとつ丁寧に、愛情をかけているからね。無理に早く育てようとはせず、なるべく自然な方法で育てているんだ。農薬ももちろん使っていないよ」
そういいながら、黄色い花をひとつ摘み取り、ぱくりと口へ放り込みます。週代わりのメニューを考えるのもバスさんの仕事。中でも、冬のメニューづくりは暖かい季節と違って、カラフルな花や野菜をあまり使えず工夫が必要ですが、だからこそとてもやりがいもあるといいます。そんなバスさんが幸せな瞬間は、ランチやディナーの準備がつつがなく進み、お客様が料理やサービスに満足しているときだそう。

公園に入ると小鳥のさえずりに迎えられ、そこにいる人たちは、ジョギングする人もスーツを着た男性も、赤ちゃんを連れて散歩するママもみんな、リラックスしているよう。レストランの入口には、リンゴやプラム、洋ナシの木が植えられています。
「季節になると実を結ぶが、僕らよりも先に鳥たちが見つければ、実はついばまれてしまう。でもそれが自然、仕方ないよね」
そういいながらうれしそうに笑う彼は、自分の仕事を本当に楽しんでいるように見えました。


ヘルシーと誘惑。相反するコンセプトを併せ持つジュース&ショコラ専門店(一部抜粋)
 

 

シェイクはあくまで「フレッシュ」であることにこだわり、あらかじめカットされたフルーツや冷凍ものを使わず、オーダーを受けてからフルーツの皮を向き、ジューサーへセットしています。あえてコールドプレスにこだわらず、高速回転のジューサーと低速のブレンダーなどを組み合わせて採用。使っている素材は、可能な限りオーガニックやフェアトレードのもの。ローの100パーセントカカオをアボカド、デーツ、スーパーフードなどとミックスしたシェークは、飲んでみれば身体と頭が冴えるのを実感できるはず。

 

 

 








 

 

JETROヨーロッパ現地取材の記事抜粋>
◎欧州のオーガニック農業
1960 年代にスタートした EU の共通農業政策では、当初は自給自足を促すための食糧生 産を支援する形であったが、結果的に生産過剰、農業生産に伴う環境汚染がもたらされた。 その反省を踏まえて、生産を抑制し、環境保全を達成しながら所得を確保する方向に政策 が転換されてきた。 解決策の一つとして、過剰生産の抑制とそれによる公的支出額の削減、付加価値による 所得確保、環境保全の促進につながるものとしてオーガニック農業が重要視されるように なった。1987 年には、デンマークが独自のオーガニック農業に係わる支援事業を導入し、 EU においては、1992 年には、農家に対する環境保護を目的に農業環境規制が実施され、 その中でオーガニック農業を行う農家への直接支払いでの支援が行われるようになった。 FiBL(有機農業研究所)と IFOAM(国際有機農業運動連盟)の調べによると5、2012 年 のロシアなどを含めた欧州のオーガニック農地面積は1,117万ヘクタール(EU圏内では999 万ヘクタール)で、欧州圏内で使用されている農地の約 2.3%(EU 圏内では約 5.6%を占 める。また、2003 年のオーガニック農地面積は欧州で約 630 万ヘクタールであり、この約 10 年間でほぼ 2 倍となっている。なお、日本のオーガニック農地面積は約 1 万ヘクタール であり、全体農地面積の 0.3%に過ぎない。 また、世界のオーガニック農地の面積(2012 年)を見てみると、世界全体では 3,754 万 ヘクタールとなり、欧州は全体の約 30%を占め、オセアニアの 1,216 万ヘクタールに続き世界で第 2 位の面積を占める。その他、中南米 683 万ヘクタール、北米 302 万ヘクタール、 アジア 321 万ヘクタール、アフリカ 115 万ヘクタールと続いている。


< 主催=株式会社ビーンズ の オーガニックベビーフード >
「Baby Organic(オーガニックベビーフード)」

http://www.beans-japan.jp/babyorganic/
 


PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000015680.html

(写真は、新商品の「紅はるか・さつまいも+天然だし(国産椎茸&国産昆布)」ヴィーガンにも対応)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ビーンズ
  4. >
  5. 情報品質で日本の「本来の食」に導きませんか?ーー小手先の流行情報ではなく、日本の食品事情をヨーロッパから見るリアルタイムのWEBポータルサイトが2016年2月から本格始動。ベジ&ヴィーガン情報多数