統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売、電力小売自由化必須の3つの仕組みをワンパッケージで統合運用、電気事業者向けに販売強化

~各種計画情報のシステム連携・同時同量制度連携に加え、新たに「スイッチング支援システム」連携を全面サポート、運用効率の向上とコスト削減を実現~

 株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、略称:DAL、JASDAQ:3848)は、電力小売全面自由化に向け、電気事業者向けに統合EDIソフト「ACMS(エーシーエムエス)シリーズ」の最新版(バージョン4.4)を、本日1月13日より販売開始いたします。発売するのは、企業内外のシステムおよびアプリケーションをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間のデータ交換を行う環境を構築するB2Bサーバ「ACMS B2B」です。
 最新版では、電気事業者が電力広域的運営推進機関(以下、広域機関)のシステムと連携するために必要な通信プロトコルを新たに追加し、電気事業者が行う電力託送契約の切り替え(スイッチング)を効率的に支援します。
 「ACMSシリーズ」では、既に、電気事業者が各種計画情報を広域機関に提出する際のシステム連携もサポートしており、また、Webアプリケーションのブラウザ操作を自動化するオプション製品「ACMS WebAgent」では、新電力会社が行う同時同量に必要な30分電力量データを、一般送配電事業者Webアプリケーションからのダウンロードを行うこともできます。
 これらの3つの仕組みをACMSシリーズがワンパッケージで統合運用することで、運用効率を上げるのはもちろん運用コストを大幅に削減します。

  2016年4月からの電力小売全面自由化では、中立的民間機関である広域機関が主体となり、電力システム改革が行われます。広域機関は、一般家庭や企業などの需要者から電力供給契約の切り替えを受けて、小売電気事業者と一般送配電事業者間の電力託送契約の切り替え手続きを円滑化する「スイッチング支援システム」を開始します。また、電気事業者から提出される供給計画・連系線利用計画・発電計画・需給計画などの各種計画情報をもとに電力の需給調整を行う「広域機関システム」を開始します。
 さらに、新電力会社の多くは、顧客の合計需要量を予測しつつ、自身の発電所出力や購入電力の合計が30分単位で一致するように調整するための同時同量を行う仕組みを構築しています。

 「ACMSシリーズ」の最新版では、電気事業者が広域機関の「スイッチング支援システム」に自動連携するWeb-API(SOAP)(※)をサポートし、託送契約手続や共通情報検索などの託送移動業務に係るシステムをスムーズに連携します。また、既に、電気事業者が電力計画業務における各種計画情報を広域機関に提出する際のシステム連携に利用するJX手順もサポートしております。これらの広域機関とのシステム連携を全て自動で行うため、手作業による入力ミスやファイル作成負荷、提出漏れなどの人的ミスを防止します。

  ACMSシリーズは、既に多数の電力会社をはじめ、広域機関システムでも採用されています。本日発表の最新版についても既に、引き合いをいただいております。
  DALは、この最新版を今まで以上に、広域機関に加入済みの会員(電気事業者)802社(2015年12月25日現在)を中心に、電力事業者に対し積極的に販売活動を展開します。

バージョン4.4での主な新機能は、以下の通りです。
(1)通信機能強化
電力広域的運営推進機関スイッチング支援システムのWeb-API(SOAP)連携として、同期型HTTPクライアント機能を追加。
(2)運用監視機能追加
同時リリースするオプション製品の「ACMS運用監視機能 V1.1」で、同期型HTTPクライアントの監視をサポート。
(3) 新たな稼働環境への対応
・MQ:IBM WebSphere MQ V8.0
・DB:IBM DB2 10.5、IBM DB2 for i 7.2、PostgreSQL 9.4、
         富士通Symfoware Server 11.1.0 / 12.0.0 / 12.1.0
                                                                                                                                 以上

※ACMSシリーズの詳細は、http://www.dal.co.jp/products/edi/index.htmlをご参照ください。

                 【ACMSシリーズを使ったデータの流れ】



 

 

◆販売・価格について
販売・出荷開始:2016年1月13日
販売価格(税別): ACMS E2X 150万円 (基本機能)~
          ACMS B2B 50万円 (基本機能)~
                           ACMS運用監視機能(オプション) 50万円~
販売経路:DAL販売パートナーを通じて販売
*販売パートナーは、http://www.dal.co.jp/partner/をご参照下さい。

 ■ 株式会社データ・アプリケーション(DAL)について
http://www.dal.co.jp/
DALは、1992年に最初のUNIX向けの製品をリリースして以来、EDI(電子データ交換)を中心にシステム連携分野において信頼性の高いパッケージソフトウェアを自社開発し、国産ソフトウェアベンダとしてEDIパッケージ市場でリーダーシップを確立。2007年4月にジャスダックに上場しました(JASDAQ:3848)。
DALの「ACMS(Advanced Communication Management System)シリーズ」は、国内73社のビジネス・パートナーを経由して販売され、すでに1800社8000サイトを越える企業のミッションクリティカルなシステムで稼働しています。ACMSシリーズは、基幹システムと連携したB2B環境を容易に構築できるB2Bサーバ「ACMS B2B」をはじめ、企業内外のデータ連携を行うB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」など、システム規模・接続ニーズに応じた製品ラインアップを揃えています。また、システム連携では不可欠なデータのフォーマットや文字コードの変換・加工を行うデータ ハンドリング プラットフォーム「RACCOON」を2014年3月から提供しています。

※DAL, ACMS, AnyTran, E2X, WebFramer, RACCOONは、株式会社データ・アプリケーションの日本および海外での商標ならびに登録商標です。
※本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社データ・アプリケーション
  4. >
  5. 統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売、電力小売自由化必須の3つの仕組みをワンパッケージで統合運用、電気事業者向けに販売強化