パソナグループ新会社 『株式会社VISIT東北』本日設立 “インバウンド観光開発・プロモーション事業”で東北の活性化を目指す

東北を日本一の「インバウンド観光地」に!

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、 http://www.pasonagroup.co.jp/ )は、東北地方におけるインバウンド観光開発・プロモーション事業を通じて、東北の活性化を目指す新会社『株式会社VISIT東北』を、2016年1月5日(火)に宮城県仙台市に設立いたします。
観光庁によると、2015年1月~10月に日本に宿泊した外国人は延べ約5530万人となり、2010年同期比で2.5倍に増加しているものの、東北地方の占める割合は全体の0.9%と低い状況です。しかし一方で、東北地方は世界遺産や重要文化財のほか、温泉やホテル・旅館、スキー場、国立公園等の数は北海道よりも多く、外国人観光客に魅力的なコンテンツを豊富に有しています。

そこでこの度、東日本大震災から5年を迎える今年、パソナグループは「東北未来戦略ファンド(※)」を用いて東北地方の産業活性化を目的に、地域の観光コンテンツを活かしてインバウンド観光開発・プロモーション事業を行う新会社『株式会社VISIT東北』を宮城県仙台市に設立いたしました。

新会社では、東北地方の自治体・観光関連企業などの団体を対象に、広域観光をつくるための企画・コーディネートする『観光開発事業』や、外国人目線で東北の魅力を全世界へ発信する『WEBメディア運営事業』、そしてパソナグループ各社と連携し「おもてなし教育」「多言語コールセンター」などのサービスを提供する『インバウンドマーケティング事業』を行ってまいります。

新会社の代表者 齊藤良太は、東北(仙台市)に生まれ育ち、2011年に石巻市で震災を経験したことを機に被災地でボランティア活動に従事してきました。現地での活動を通じて、継続的な地域の復興には産業の活性化が不可欠と考え、東北地方での起業を目的にパソナグループに入社。新会社の事業を通じて、インバウンドによる東北地方の活性化を目指してまいります。

(※)「東北未来戦略ファンド」
東北地方の新しい産業と雇用を生み出す起業家を輩出することを目的としたパソナグループのベンチャーファンド


■  新会社 『株式会社VISIT東北』会社概要
会社名:
株式会社VISIT東北
所在地:
本社)仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン18階
設立:
2016年1月5日
資本金:
2000万円
代表者:
代表取締役 齊藤 良太
事業内容:
観光開発事業、WEBメディア運営事業、インバウンドマーケティング事業
URL:
http://visittohoku.com
Webメディア http://tohoku365.com
 

VISIT東北ロゴ

 

■ VISIT東北 事業内容/サービス概要
対象:
東北自治体や観光関連企業をはじめ、全国の企業・自治体等の団体
内容:
(1) 観光開発事業 
・広域観光地づくりに伴うコンサルティング事業
自治体と観光関連企業等、異業種関係者を結びつけるコーディネート、広域観光地づくりに必要なデータの収集・分析、戦略、KPIの設定及びPDCAサイクルの確立
・外国人観光客が求める観光メニューの開発
(2) WEBメディア運営事業
東北地方の魅力を全世界へ発信する訪日外国人向けWEBメディア「tohoku365.com」を運営し、東北地方の魅力的な観光体験を外国人目線で発信する
(3) インバウンドマーケティング事業
パソナグループ各社と連携し、東北地方の自治体や観光関連企業を対象に「おもしてなし教育」をはじめ、おもてなしスキルと語学力を兼ね備えた人材を紹介する「インバウンド人材紹介」、パソナグループの海外現地法人が有するネットワークを活かした「海外プロモーション」、「多言語コールセンター」や「翻訳・通訳」等、最適なインバウンドマーケティングサービスを提供する
問合せ先:
株式会社VISIT東北(株式会社パソナグループ内) Tel 03-5425-2404


■ 株式会社VISIT東北 代表取締役 齊藤 良太 プロフィール
1982年 宮城県仙台市生まれ   
仙台の高校を卒業後、渡米しアメリカの大学を卒業。帰国後は、新卒で大手ITベンダー企業にて公共部門の営業に3年間従事。その後、大手ソフトウェア企業で公共部門の営業に4年、コンシューマー部門のマーケティングに3年間従事する。東日本大震災時に仕事で訪れていた石巻市で被災、その後ボランティア活動に従事するが、永続的に東北に住む人々の生活を豊かにするためには新たな社会インフラが必要と考え、東北での起業を考えはじめる。
2015年7月、起業を目的に株式会社パソナグループへ「アントレプレナー社員」として入社。準備期間中に任意団体「地方創生インバウンド機構」( http://liijapan.com/ )の立上げに携わる。2016年1月5日、株式会社パソナグループより出資を受け起業、株式会社VISIT東北 代表取締役に就任。
 

株式会社VISIT東北 代表取締役 齊藤良太

 


【参考】 パソナグループ 被災地域での就労支援
パソナグループは東北地方に活力を取り戻すため、被災地での就労支援はもとより復興支援イベント企画やボランティアなど、さまざまな活動に取り組んできました。被災地域での就労支援では、現地における雇用のミスマッチを解決するため、地元企業とひざ詰めで議論を重ね、将来のビジョンを描ける雇用創出支援事業を実施してまいりました(以下、主な取り組み)。

陸前高田市「就労創出支援事業」(2012年7月~2015年3月)
パソナが2012年から3年間、陸前高田市からの受託事業として実施。陸前高田市の復興を担う意欲と志を持つ人材を全国から募集、産業復興に取り組む市内企業とパソナが協力し、職場実習を通して未来を担う人材を育成し、地元企業への就職を実現。これまで70名の就労を支援し、そのうち約8割が地元企業への就職を果たす。

福島県病院見学バスツアー(2012~2015年度)
被災地の復興に貢献したいと願う都市部の看護師と福島県内の医療機関を結び、深刻な人手不足が続く福島県内の病院の仕事を紹介する「病院見学バスツアー」。パソナメディカルが2012年に福島県からの受託事業として実施し、これまでの3回のツアーには全国から120名が参加、2回目までの参加者のうち約3割が県内の医療機関で就労し、地域復興の担い手として活躍する。

福島県内で3 つの就職センターを運営(2011年4月~)
震災直後から、継続的に被災者の方々の就職や生活に関する相談業務や仮設住宅への巡回相談など、一人ひとりの実情に応じてきめ細やかにサポート。これまで、避難者の方々からの延べ6万件を超えるご相談に対応し、約3,500人の就職を支援。 

新会社『株式会社パソナ東北創生』設立(2015年4月)
2009年パソナ入社の戸塚絵梨子が社内ベンチャー起業制度「東北未来戦略ファンド」を用いて『株式会社パソナ東北創生』を岩手県釜石市に2015年4月に設立。全国の企業や自治体、大学等の団体に対し、東北被災地で行う地域課題の解決を学ぶ“実践型研修”を通じて人材を育てる『研修ツーリズム事業』、企業の被災地での新事業を開発する『事業開発支援事業』など通じて、被災地域の産業復興に取り組んでいる。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社パソナグループ
  4. >
  5. パソナグループ新会社 『株式会社VISIT東北』本日設立 “インバウンド観光開発・プロモーション事業”で東北の活性化を目指す