CA Technologiesの調査で、市場とのかい離への対応の遅れによってリーダー企業も競争力を失う恐れがあることが明らかに

~今日のアプリケーション・エコノミーでディスラプターに位置づけられる日本は市場潜在力指標の評価では最下位に~

CA Technologiesは本日、アジア・パシフィック&ジャパン地域のApplication Economy Index 2016に関する第一回調査結果を発表しました。本調査では、今日のデジタル市場で生き残ることができるかAPJ10カ国の対応力を明らかにしています。AEIランキングではシンガポールが首位を獲得し、以下オーストラリア、韓国、日本、香港、マレーシア、中国、タイ、インド、インドネシアの順となりました。
(2016年2月24日、東京発)
CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、アジア・パシフィック&ジャパン地域(APJ)のApplication Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下AEI)に関する第一回調査結果を発表しました。本調査では、今日のデジタル市場で生き残ることができるかAPJ10カ国の対応力を明らかにしています。AEIランキングではシンガポールが首位を獲得し、以下オーストラリア、韓国、日本、香港、マレーシア、中国、タイ、インド、インドネシアの順となりました。

デバイス同士が通信し合い、ポケットの中に店舗が収まり、インターネットでサービスにアクセスできるというコネクテッド・ワールドが拡大していく中で、アプリはいたるところにあります。これはすべてのビジネスが実際にソフトウェア・ビジネスに置かれているということであり、デジタル・トランスフォーメーション(デジタル化による変革)を受け入れる必要があるということです。

CA Technologiesの後援により調査会社TRPC社によって実施された本調査は、市場環境がアプリの開発と市場参入に寄与する程度という点から今日のアジア経済の位置づけを明らかにしました。市況の創造的破壊者(ディスラプター)によってデジタル経済圏は急速に変化します。

本指標はアプリケーション・エコノミーに必要不可欠な主要3項目を評価基準とし、各項目は次の変数から構成されています。

1.政府による技術およびイノベーションの活用/サポート:音響技術に関する政策の進展とイノベーション推進のため、政府がソフトウェアとアプリケーションを理解し活用していること。

2.インターネットおよびモバイル・インフラストラクチャ:必要不可欠なインフラストラクチャと技術へのアクセスなしにアプリケーション・エコノミーは完全な成長をとげることはできません。

3.ビジネスの俊敏性:市場において破壊および創造を推進、また、新たに獲得するために機敏/迅速に動く能力。これを実現するためには、各国は起業家精神と新しい形のビジネスを促進させる環境を構築することが必要となります。

以上の項目に基づき、AEIはアプリケーションを使用することで統合、発展、利益を享受する能力によって市場を分類しています。シンガポール、オーストラリア、韓国、日本、香港は、創設者のグループに分類され、このグループはアプリケーションによってもたらされる機会を最大化することができます。中国とマレーシアは挑戦者のグループに位置づけられ、タイ、インド、インドネシアは主流のグループとなり、ビジネスに貢献するアプリケーション・エコノミーの環境を発展させる計画策定に注力することが必要とされます。

総合4位に位置づけられた日本の改善点を見ると、第1項目では政府による技術の活用とイノベーションが5位となっており改善の余地があります。第2項目においては通信環境が良好であるにも関わらず、スマートフォン普及率が低く8位という結果となりました。第3項目のビジネス俊敏性に関しては、事業設立に要する時間が平均を下回る結果となっています。
 

表1.AEIは活力のあるアプリケーション・エコノミーに必要不可欠な主要3項目を評価基準としています。


一方、表2に示されているように、市場潜在力の促進要素(MPA)を通してアプリケーション・エコノミーの将来のリーダーを分析すると、異なる光景が浮かび上がりました。この指標は新しいアプリケーション・エコノミーにおける市場潜在力に影響を与えかつ促進させる能力を持つ要因を評価しています。これらの要因には(i)市場のスマートフォンユーザー数(ii)モバイル・インターネットを日常的に使用するユーザー数(iii)バーチャル・ソーシャル・ネットワークの使用(iv)モバイルアプリを日常的に使用(v)市場の若年人口が占める規模、が含まれます。

中国、インド、インドネシアは、成長の機会を活かすことができれば、上位3位に入る可能性があるということがわかりました。一方で、シンガポールや香港、韓国、オーストラリア、日本は、AEIではリーダーに位置づけられましたが、市場のギャップに対処するために迅速に行動しなければ、競争に取り残されるリスクがあります。

特に日本はAEIでは4位に位置づけられましたがMPAでは最下位になり、次代のインターネットの成長が疑問視される結果となりました。その主な要因は、スマートフォンユーザー数が54%に止まること、モバイル・インターネット使用率は高いもののアプリやSNSの使用率が著しく低いことです。またこれに若年人口の縮小を加味すると、現在の技術リーダーとしての地位が危ぶまれる事態が予測されます。しかし、5Gの実用化に向けた実証実験が進められていることには期待が寄せられており、こうした新しい技術によってAPJひいては世界のイノベーションを主導する存在であり続けることが望まれます。
 

表2.市場潜在力の促進要素は、新しいアプリケーション・エコノミーにおける市場潜在力に影響を与えかつ促進させる能力を持つ要因を評価しています。


CA Technologies 代表取締役社長 ポール・フォルケンシュタイン
「アプリケーション・エコノミーは現状に挑戦を挑んでいます。アプリケーション・エコノミーにおいてビジネスを成功させるためには、イノベーションと創造的破壊の速度が合致していなければならず、リスクを管理し機会を活かすためには将来的で積極的な戦略が実行されなければなりません。将来の市場を予測するにあたって最も有力な方法は、企業がマーケット・シェアを獲得するために迅速に行動すること、ビジネスを発展させ変化する市場環境に迅速に適応することを可能とするインフラストラクチャを政府が改善することです。」

CA TechnologiesのAPJ AEIに関する詳細(英語版)は< http://www.ca.com/~/media/files/whitepapers/ca-aei-whitepaper.pdf >をご覧ください。

###
CA Technologiesについて
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、< www.ca.com >(米CA Technologies)、< http://www.ca.com/jp > (日本)をご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本CA株式会社
  4. >
  5. CA Technologiesの調査で、市場とのかい離への対応の遅れによってリーダー企業も競争力を失う恐れがあることが明らかに